FC2ブログ

自分自身 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

自分自身

IMG_1533.jpg

職場の同僚A、B、C、D、Eの5人が



熱海の旅館で小さな忘年会を開いた。



その帰り際、旅館の仲居さんにシャッターを押してもらって集合写真を撮った。



しかし、その集合写真には不思議なものが写っていた。



Aの頭からうっすらと白い手が生えており、指を1本立てている。



Bの頭に生えている手は指を2本立てている。



同じくCは3本、Dは4本、Eは5本。



すると、あいついでA、B、Cが順番に亡くなった。



Dは写真を思い出した、



「次は自分だ・・・」



しかし、Dよりも先にEが死んだ。



自分の順番が順番がとばされたことでDは安堵した。



心に少し余裕が戻ったDは、



忘年会の時に撮ったその他の写真を見直してみた。



すると問題の写真の右端に、



旅館の仲居さん(シャッターを押してくれたのとは別の人)の半身が見切れており、



やはり頭から白い手が生えている。



しかし見切れているせいで、指が何本立っているか分からなかった。



Dは旅館に問い合わせたところ、Cの死とEの死の間に



その仲居さんは亡くなっていたらしい。



Dはいよいよ自分の順番が来たことを悟り、自殺した。





【解説】



















『Cの死とEの死の間に

その仲居さんは亡くなっていたらしい』

つまり、仲居さんは4番目に亡くなっていた。



5番目のEが亡くなったということは、

次は6番目の人が亡くなることになる。



語り手は指を4本立てているから

4であると認識していたが、

実際は6であった。



片手で6を数えると、

5本から折り返しになるので、

見た目は4本に見えるはず。



そのため、次に死ぬのは自分自身だと悟り、

自ら命を絶った。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます