FC2ブログ

事実 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

事実

IMG_3589.jpg

この世に光よりも早いものは存在しないことはよく知られている。



ところが、ある世界的な超能力者が己の念力の伝達速度を知りたいと、



奇妙な実験を行ったことがあった。



地球からおよそ740光年離れた恒星に念力を飛ばし、



意図的に激しく明滅させるというのである。



結果は実験開始からわずか10秒後、恒星は見事に明滅した。



超能力者は



「光と等速でも740年かかる距離を10秒だ!

念力の真空伝達速度は光を遥かに超える!」



と興奮した。



彼は、この実験結果の真の不気味さに気がつくことはなかったという。





【解説】



















仮に実際に740後年かかる距離を

10秒で到達し、恒星を明滅させたとしても、

その現象が地球に到達するには740年かかってしまう。



つまり、10秒後に恒星が明滅したのは

740年前の現象である。



なので、単なるトリック…と言いたいところだが、

この超能力者は気が付いていないようなので、

単なる偶然である。



この実験を一人で行ったのかはわからないが、

仮に一人ではなく複数人数で行ったのだとしたら、

超能力者以外の人たちはその興奮している姿を見て

事実を伝えることもなく、

あざ笑っていたのではないだろうか…



そう考えると人の怖さを感じてしまう。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます