FC2ブログ

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】信じます 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】信じます 短編

IMG_3610.jpg

学校から帰って台所で麦茶を飲んでいると床下の収納スペースに、



死んだお母さんが押し込められているのに気がついた。



隣の部屋からお父さんが出てきた。



「由美?、お母さんは他に好きな人がいたんだ、

お前のことも捨てて出て行こうとしていたんだ、

だからけんかになってさっき殺してしまった。」



と泣き出した。



私はお父さんを警察に突き出すつもりはない。



このまま二人で暮らしていこうと思った。



着替えのため自分の部屋に行くとメモ帳の切れ端が落ちていた。



切れ端を繋げてみると



「由美、?逃げてお父さんは狂っている」



あなたなら、お父さんと、お母さん、どちらを信じますか?





【解説】



















『あなたなら、お父さんと、お母さん、どちらを信じますか?』

と言われても、

お父さんは本当かどうかは置いておいて、

お母さんを殺したことと理由を話しているんだから、

どちらを信じるも何もないような気がするのだが。



お母さん的に

「他に好きな人ができたことで殺した」

のであれば嫉妬深さもあっただろうし、

それが狂気となっていた可能性もあるのだから。





だが、本題はそこではないだろう。



『由美?、お母さんは他に好きな人がいたんだ』

と「?」がついている。



ただの呼びかけのようにも感じるが、

『由美、?逃げてお父さんは 狂っている』

という切れ端にも「?」がついている。



この切れ端の内容に

「?」がついているのは不自然。



そして、これは由美が勝手に繋げてみたもの。



「?」がなぜついているかを考慮して並べ替えてみると、

"お父さん逃げて、由美?は狂っている"

となる。



お父さんの呼びかけにも

お母さんのメモにも

『由美?』と書かれていることから、

由美かどうかわからない時があるということ。



つまり、由美は多重人格者なのだろう。



お父さんは由美が主人格であるかを確かめるために問いかけ、

お母さんはお父さんに別人格は狂っていることを伝えたかった。



お母さんを殺したのは由美の別人格で、

メモを破ったのもおそらくこの別人格だろう。



お父さんが言っていたことはおそらく嘘であり、

由美に別人格があることを悟らせないため。



なぜ悟らせないつもりなのかはわからないが、

もしかしたら別人格から何かしらの指示があったのかもしれない。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます