FC2ブログ

【超怖い話 実話 不気味な話】鍵がかかっていて短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 不気味な話】鍵がかかっていて短編

IMG_1861.jpg


ゼミの先生から聞いた話。

昔、先生の学校には
地下室に石炭をためている部屋があったそうだ。

そこは基本的に鍵がかかっていて誰も入れないが、
扉の上には小窓があり、
そこを開けると中をのぞき込める仕組みになっていた。

地下室でしかも石炭の部屋ときているから
昼間でも超暗くて超こわい。

それでいつしかこんな話が伝わるようになった。

夜、明かりをつけず地下室まで行き
そしてその小窓を開けると・・・


その中にはもう一人の自分が閉じ込められているそうだ。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます