FC2ブログ

ここで待ってる - 超怖い話 実話

ピックアップ!

ここで待ってる

IMG_3600.jpg


オカルト雑誌の心霊スポット紹介に載っていた
ある吊橋に2人で行った時の話

深夜にその吊橋に到着すると
梅雨明けの時期もあってか、
かなり濃い霧に吊橋全体が覆われていた

とりあえず手前に車を止め、
吊橋を徒歩で渡る予定だったので
車を降りることに

しかし、運転をしていた先輩が
吊橋を見つめながら一向に降りてこない

先輩「なんだか気持ち悪い。
…怖い。わりぃ、今回はここで待ってるわ。」


何度かこの2人で心霊スポットを巡っていたのだが
先輩がこんなに怖がるのは初めてだ

俺「え?一人でここで待つの?
ww一人行動は止めときましょうってww」

先輩「…いや、待つわ。」

俺「…はい、行ってきます」
(あみんの歌が頭によぎる)

俺は先輩を置いていくことに

俺は吊橋まで歩いていく

後ろを見ると
霧に吸い込まれていく先輩の乗った車

別の世界に進んで行くみたいで
車が遠く感じた

先輩も同じようなことを思いながら
俺を見ているのだろうか

そんなことを思いながら
歩を進めていたその時

先輩の乗った車から
激しいパッシングとクラクションが

え?wなに??ちょww

俺は先輩の身に何かあったのかと思い
急いで車に戻る

先輩「車に乗れ!」

俺「???」

先輩「いいから乗れ!」

俺は理由もわからず、
車に乗り込む

すると先輩は直ぐに吊橋から背を向け
逃げるように車を走らせた

俺「先輩、なんすか今の?
ビビったじゃないですか」

俺はちょっと切れ気味で言う

先輩「さっきお前の奥、
吊橋の手前に小さい女の子がいたのよ」

俺「ちょwwっうぇw」

先輩「深夜の山奥の吊橋に女の子はないよな…」

俺「…ですね。助かりました。」

先輩「いあ、なんか感じたんだけど。
その女の子見たときさ。
吊橋に来るなって警告してるように感じて…
お前を助けたのはあの子だよ。」

俺「女の子って、
どれくらいの子ですか?」

先輩「小学生低学年ぐらいかな。。
感謝しないとな」

俺「感謝はしますけど、
俺ロリコンじゃないっすよwww」

先輩「www」

俺「あのまま進んだらどうなってたんすかね。」

先輩「…わからん。」

俺&先輩「…」

その後、
ロリコン発言で空気が変わるはずもなく
車内は終止無言だった

先輩と別れ、
家に着いたときには
もう朝の6時をまわっていた

次の日(といってもその日だが;)
先輩からの電話鳴った

先輩「もしもし?お前ダイジョブか?」

俺「全然なんともないっすよ」

先輩「…そうか。」

俺「?なにかあったんです?」

先輩「いあ、あれから直ぐに寝たんだけどさ。
あの時と同じ状況の夢見て」

俺「女の子を見た時のですか?」

先輩「うん。女の子がやっぱりいて、
それでお前を連れ戻そうと
クラクションとかパッシングとかするんだけど。」

俺「…はい。」

先輩「現実と違ってお前全然気づかずに
吊橋に向かって歩いていくんよ」

俺「俺、どうなったんですか?(泣」

先輩「そこで目が覚めちゃって…」

俺「ええーw
まぁ寝る直前の印象的な出来事ですから、
同じような夢見てもおかしくないっすよねー」

先輩「それだけならいいけど…なにかの暗示かな…」

俺「エ…」

先輩「…」

沈黙が流れた

それが長かったようにも、
短かったようにも思えた

沈黙を破ったのは
俺の声でも先輩の声でもなかったのだ

それは電話の奥でかすかな声だが、
それでいてはっきり伝わった

女の声である

「渡ればよかったのに」

その後先輩と俺は御祓いを受け、
先輩も女の子を夢で見ることはないと言う。

もちろん現実でも。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます