FC2ブログ

部屋で倒れていた。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

部屋で倒れていた。

IMG_2648.jpg


自分が高校生だったかくらいの話。

当時は父と母の夫婦仲が悪く、
父一人が家を出て、
母・姉・兄・俺の4人で家で暮らしていた。

その親父が家を出ていた頃、
ちょうど父方の祖母の七回忌があったのだが、
それも「父と顔を合わせたくない」という母の希望で、
オレら4人は参加しなかった。

相変わらず父が帰ってこない生活が当たり前となっていた中
母がパジャマ姿のまま、部屋で倒れていた。

何せ初めてのことだったので

「救急車呼ぶ?」

「大丈夫?」

と声をかけるんだが
断固として救急車は呼びたくない、
布団に横にしてくれと言う。

オレら兄弟は布団を敷き、
母を担いで布団に寝かせ、
掛け布団もしっかりかけた。

しばらくすると呻いたりすることもなくなり、
寝たようだった。

「朝になって元気になっていればいいけど…」

と兄弟が3人、
母の具合を心配してるさなか

母がパッと目を開けて
はっきりとこう言った。

「みんなで私の七回忌忘れたのね」

翌日、倒れたことすら覚えてないという。

どうやら母は入ってきてしまう体質であると、
その専門の人から診断されたらしい。

家をザックリ鬼門が通ってたのも関係あるらしいが、
一気に霊という存在を信じることになったよ、マジで

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます