FC2ブログ

誰かそっちにいますか? - 超怖い話 実話

ピックアップ!

誰かそっちにいますか?

IMG_2457.jpg


大学のころ、
彼女と同棲を始めるにあたって、
広めの物件を探しまわっていた時期。

「やっぱ、住むなら学生の街でしょ」

ということで、
大学には遠くなるが、
そういった小洒落た場所をもとめて、
中央線沿線で良さそうなところを物色していた。

一旦電話をし、
物件の概要を聞いてから、
駅前のとある不動産屋に足を運んだ。

間取り図を見せて貰う。

二階の201号室と202号室が空いていた。

「奥の203号室に住居人がいますが、それだけです。
静かでいい環境ですよ」

なるほど、確かにこの間取り、
2K風呂トイレ付きで4万は、
ここらでは破格に安い。

だが、自分は付き添えないので、
カギは開けてあるから、
勝手に見てきてくれという。

現地へと歩いた。

駅前のその不動産屋から徒歩7分。

駅にも遠くない。

目指すは二階の202号室。

2つ空いている部屋のうち、
真ん中を選んだのは日当たりと、
間取りの問題だった。

2つの部屋は壁1枚で隣接しており、
その壁を軸にして対称に間取られている。

ただ201号室の方は、
バスとトイレが同部屋のユニットバスだった。

彼女にはこれがNGだった。

不動産屋は、
2部屋とも開けてあるから
両方見てから決めていいと言っていたが。

階段を昇って通路から見た感じ、
扉は→□□外壁□という並びになっている。

手前から201号室。

不動産屋の言ったとおり、
2室とも鍵は開けてあった。

まず202号室から入る。

2階の真ん中の部屋な割に、
壁に素通しのガラス窓が嵌まっているのに気付いた。

その向こうは、
同じく空いているという、
201号室だ。

現在そこは塞がれていて、
目隠し用なのか、
ベニヤ板が貼り付けられている。

変だな。

何故、壁に窓なんか付けるんだろう?

嫌な感じがした。

持ってきたビー玉を床に転がしてみる。

案の定、
それはコロコロと転がって、
玄関の土間のタタキにコロンと落ちた。

部屋自体も傾いているということだ。

ここは良くない。

他のもっとマシな物件を当たろう。

「ここはダメでしょ」

と言いかけた時、
彼女がビクっとして腕を掴んだ。

「何だよ?」

「あの窓…」

彼女が恐る恐る指さしているのは、
ベニヤ板でハメ殺している、例の窓だ。

「人が覗いてた…」

「はは、馬鹿な。向こうは空き部屋じゃん」

「見たんだもの…
あのベニヤの隙間から誰か覗いてた…」

思い切って近づいて調べると、
窓はちゃんとこちら側から施錠されている。。

しかし板は…目隠しのベニヤ板は、
向こう側から貼り付けられていた。

これ…ベニヤを剥がせば、
こっちの室内が…
アレとかソレとか丸見えじゃん。

覗かれるのが嫌なら、
こっちからも目隠しを張るしかない。

ありえない。気分が悪い。

向こうは…201号室は空き室の筈だ。

じゃ、さっき彼女が見た、
向こうから覗いていたというのは誰だ?

不動産屋か?

近所に住むとかいう、
ここの大家か?

カギを開けて少し窓を開き、
その先を塞いでいるベニヤ板に触ってみる。

少しタワんだ。

しっかり留められていない。

内装も杜撰だ。

ふざけるな。

向こうの住人がその気になれば、
簡単にここから覗ける。

さっき彼女が見たという人影、
たぶん大家が様子を見にきたのだろう。

ちゃんと打ち付けておけよ、この板。

まあ、ここに住む気は無いが。

試しに、もう少しベニヤを押してみた。

動く。

三角形に開いた隙間から、
201号室の奥、
床の様子が少しずつ見えてきた。

光が射さず、
真っ茶色に変色して毛羽立った畳、
それが縦に4畳ほど繋がっているようだ。

そこは超・細長い四畳半だった。

この隙間からはユニットバスにも、
別の部屋にも繋がるようなドアは見えない。

家財道具も置いてあるようには見えなかった。

正真正銘の「ウナギの寝床」だ。

人が住んでいる気配は…無いよな、空き室だし…

でも、この部屋と対称な間取りの201号室が、
こんなに狭い筈が-

バァン!

ベニヤ板が、向こう側から思い切り叩かれた。

もう少しで指を挟むところだった。

心臓が縮み上がったが、
覗いてたこっちが悪かったかも。

やっぱり大家かな?

「すいません、
誰かそっちにいますか?
…大家さん?」

とノックした。

「ねえ、やばいよ」

彼女が泣きそうな顔で、
逃げの体勢になっている。

バァン!

凄い勢いでベニヤ板を叩き返してきた。

この野郎。

その窓を施錠して、
部屋の外に出た。

すぐ隣の201号室の玄関のドアを叩いた。

「ちょっと!止めてくださいよ!
怪しい者じゃないです!大家さんでしょ?」

「隣の202号室を見に来た者です!
●●不動産の紹介で…」

バァン!バァン!

まだ聞こえる。

そいつは叩くのを止めない。

おい、聞こえてないのか?

ドアノブを回した。

玄関を入って201号室の中を見たとき、
流石に凍り付いた。

確かに、
202号室と対称に間取られた、
ごく普通の部屋だった。

さっき見たような
「ウナギの寝床」なんかではない。

床も畳ではなくてフローリングだ。

誰もいない。

室内を見まわした。

大家はどこだ?

バァン!

叩く音が止まらない。

音の方を見ると、
今まで居た202号室側の壁から聞こえてくる。

こちら側に貼ってあるはずのベニヤ板が無い。

普通の白壁だった。

…さっき見た部屋は、
この部屋じゃない。

201と202の間は壁一枚だけだ。

あの壁の間で、
今もベニヤ板をバンバン叩いているのは…?

二人で速攻で逃げ出した。

預かったカギも無かったので、
一気に駅まで逃げ帰った。

その間じゅう、
ベニヤ板を叩く音は止まなかった。

不動産屋に文句を言う気にもならず、
素通りして中央線に飛び乗り、
帰宅した。

その後、その不動産屋には
二度とこちらから連絡しなかった。

結局、別の場所に住居を定めた。

その後、転居も数回している。

その物件は、壊されてなければ、
まだ吉●寺にある筈だ。

だが、いまだにその不動産屋から、
物件の仲介のDMが届く。

いい加減にして欲しい。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます