FC2ブログ

[超怖い話 実話]もんぺの女・・・ - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話]もんぺの女・・・

超怖い話 実話 長編 

会社の同僚から聞いた話です。

同僚が住んでるアパートは県道に面した所に建っていて、その部屋の窓からその県道が直下に見える場所だった。

夜中は静かで、ほとんど人通りもないその道には小さな街灯付きの古い電柱が窓の真ん前にたっている様な所。

夜は街灯の周り以外は真っ暗になる状態だった。

小雨が降ってきた夜中の2時半くらい・・・

一人暮らしだった彼は、窓のある部屋でテレビをボーッと見ていた。

窓を開けっ放しにして。

テレビを見ていると、 ” ギシ ギシ ”という音が外から聞こえてきた。

特に気に気にしないで、そのままテレビを見ていたそうだ。

少したって外からの音はやんだが、又 ” ギシ ギシ ”という不気味な音が外から聞こえ始めた。

気になったので窓の外を覗いてみた。

何か大きい者が電柱の所で動いているように見えた。

しかし、よく見えなかったので窓際まで行って眺めてみた。

よく見ると・・・

誰かが電柱によじ登っている。

『真夜中に何やってるんだ!?』と思い、気持ち悪かったので別の部屋に行って、その部屋の電気を消してこっそりと様子を眺めた。

よく見ると頭巾のようなものをかぶって、下はもんぺをはいた女のように見えた。

でも顔はよく見えない。

その女は戦時中のような格好をし、ゆっくりと電柱を登っていた。

俺はその光景に恐怖を感じたが、そのままの姿勢で見続けた。

しばらく見ていると、電柱のてっぺん近くまで登ると、しばらく動かなくなった。

その女をよく見ると、さっきまでいた部屋の窓の高さ位の位置に登ってきていて、部屋のほうを見ているように見えた。

同僚は直感的に『まずい!!窓開けっ放しだった!』と気がついたが、怖くてその部屋に戻る勇気がなかった。

他の場所から又「女」の方に目をやると、いつのまにか姿がなくなっていた。

何か恐ろしくなって、元いた部屋には戻れず、その日は別の部屋で布団にくるまって朝を待つ事にした。


一時間くらい経ったか、怖くてなかなか寝つけずにいると、部屋のドアのノブがかすかに音がしてるのに気付いた。

なんなんだよ!!と震えているとドアのノブがゆっくりと回り、扉が少しずつ開き始めるた。

・・・・すると誰かが部屋に入ってくる気配がした。

自分がくるまっている布団の隙間から足が見えた・・・それは・・・

 『もんぺ柄の女のズボン・・・ 』

『 どうしょよう!!さっきの女だ! 』

目を閉じてしばらく震えていたが、ゆっくりと目をあけると布団の隙間からその「女」がのぞいていた!

目が合ってしまったのだ。

気がつくと朝になっていた・・・

『その時見た「女」の顔は何故か2~3歳くらいの子供の顔だったように見えた。』と・・・

同僚は今はもうそのアパートには住んでないが、夜寝るときは未だに怖くて毎日電気つけっぱなしで寝ている。

『 夜にトイレ行くのも、あの時以来こわくて行けない。』

あの顔・・・

姿が目に焼き付いてしまっていてるそうだ・・・


IMG_1221.jpg

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.05.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます