FC2ブログ

処分する  - 超怖い話 実話

ピックアップ!

処分する 

IMG_2406.jpg


ずっと入院していた義母が他界したので
義弟夫婦と夫の四人で義実家の整理に行った。

隣の家まで歩いて10分と言う土田舎。

電気も水道も止めて貰ってたので、
色々手続きが面倒だった。

私と義妹で家の片付け、
夫と義弟がご近所さんへの挨拶回り。

昔庄屋だった義実家は、
戦前は何人も奉公人が住み込んでいただけあり
部屋数も多く、とにかく広い。

「うちでは管理しきれないわ」

「うちも無理だわ、遠いし」

「処分するしかないわね」

「でも主人達にとっては生家だし、なんて言うかしら」

「そうね~」

等と言いながら、
とにかく家中の雨戸と窓を開けていると電話がなった。

昔ながらの黒電話だ。

出てみると聞き覚えの無い声で

「お戻りだったのですね。
お待ちしておりました。
これから伺います」

と言われた。

どなた様でしょう?と聞いたのですが
相手は答えず電話を切ってしまった。

夜には帰るつもりだったので、
義妹と慌てていると夫達が帰ってきた。

電話の事を話して、
心当たりを尋ねると義弟が笑って言った

「義姉さん。
真面目な顔で何言ってるの?
その電話はどこにも繋がってないよ」

10年前に子機付きの新しい電話機に換えた時に、
線も引き直したんだよ、ほら、と
黒電話のコードをたぐり寄せた。

電話線は途中で切れていた。

凍り付く義妹と私の前で、
その黒電話が鳴り出した。

今度は四人とも凍り付く。

「来るって言ったのか?」

と夫が言った。

義妹が泣き出し、
四人で戸締まりもそこそこに車に飛び乗った。

それ以来、
義実家には帰っていない。

処分は業者に頼んだ。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます