FC2ブログ

非常識 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

非常識

IMG_1697.jpg


今はもう廃村になってしまった小さな集落の話。

当時はまだ、
火葬は山で野火送りで行われていました。

村で強欲、残虐、非常識で有名だった
独り者のばあさんが亡くなった時に、
祖父や村の人らが火葬場で、
そのばあさんの死体を燃やしていたそうです。

薪を積み上げ、
その上に死体を乗せ、
上にムシロをかけて死体を燃やしていると、
ばあさんの頭の部分のムシロがゆっくりと持ち上がっていく。

気味悪く思いながら見ていると、
ムシロが崩れて、黒くこげたばあさんの頭があらわに。

そこには二本のツノが生えていたそうです。

爺さんたちは坊さんを呼んできて、
燃やしている間はずっと念仏を唱えてもらって、
朝までかかって、
骨も原型をろくに残さないくらいまでに燃やし尽くしたとのこと。

「あのばあさんは○○の家のもんやったが、
あんまし酷いことばっかしとったから、
ほんまもんの鬼になってまったんやろな。
わしらみんな、あの婆さんは鬼じゃと言うとったが、
まさかほんまもんの鬼やとは思いもよらなんださ」

年に1、2回、離村した集落のみんなが集まって飲んだりするたびに、
そんな話を爺さんやばあさん達から聞きました。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます