FC2ブログ

ドアが開いて、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

ドアが開いて、

IMG_1718.jpg

じゃぁここで一つ、俺の甘酸っぱい思い出を聴いてくれ。



俺がエロガキだった頃、確か中2くらいの時の話だ。



ある日の学校帰り、俺の膀胱は限界に達していた。



仕方なく、近くにあった公園のトイレに寄ることにしたんだ。



すわ、と駆け込もうとしたときトイレのドアが開いて、



中から背の高い、きれいなお姉さんが出てきた。



お姉さんは俺と目が合うと、恥らうように微笑んで走り去って行った。



俺は(あんなキレイなおねぇさんの後だなんて、ラッキィ♪)なんてことを思った。



そして、軽く胸躍らせながらトイレに踏み込んだ瞬間、



顔に蜘蛛の巣がベタリと張り付いた。



いきなりのことでビックリした俺。



ちょっと漏らしちまったよ…orz





【解説】



















背の高いきれいなお姉さんが個室に入っていたのに、

なぜ顔に蜘蛛の巣がベタリと張り付いたのだろうか?



きれいなお姉さんはこの世のものではなかったのだろう…。



それにしても、この語り手は

きれいなお姉さんが個室から出ていったことを

さも当たり前のようにしている。



となると、『俺』と言ってはいるものの、

女性なのだろうか。





だが…

『俺がエロガキだった頃』

『お姉さんは俺と目が合うと、恥らうように微笑んで走り去って行った』

と書かれていることからも、

語り手はわざと女子トイレに入っただけという可能性が高い。



蜘蛛の巣が張っているため、

お姉さんはこの世のものではないだろうが、

女子トイレに中2の男の子が入ってきたため、

ちょっと焦ってしまった幽霊のお姉さんということか…。



中2にもなって当たり前のように女子トイレに入ってくるのは

さすがに怖いところがある。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます