FC2ブログ

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】唯一の存在 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】唯一の存在 短編

IMG_1813.jpg

子供の頃は幸せだった。父の趣味でジュークボックスがあったのを鮮明に覚えている。



真冬には寒がりの俺に、裏地が二重のジャンパーを母が繕ってくれた。いい両親だっ



た・・。俺はそんな幸せを、21歳の時に些細な喧嘩で壊してしまったのだ。そして転機



は今年が明けたばかりのある日、訪れた。俺は薄ら寒い七畳半の部屋でただゴロゴロしな



がらだらけた時間を過ごしていた。唯一の存在だった18歳の彼女にフラれ完全に鬱だっ



た。親と喧嘩して飛び出してもう四年、バイトで食いつないではいたものの、社会的



にも死んでいるも同然の状態。友達もいない。だから、そんな俺の部屋、16号室のチャ



イムは当然ほとんど鳴ることが無い。だがその日は続けて五回も鳴らされた。そうい



えば昨日もおとといも鳴ってたな、どうせろくな用じゃないと思って出なかったが・・



・。俺のとこに来訪者などいないし。そう考えているともう一度鳴った。しかたがな



いのでインターホンを取ると、武士のごとく厳しい顔をしたお兄さんが映っていた。俺



宛に両親から宅配物が届いているという。今日で来るの3回目なんですよ、といかつく



言われた。両親から贈り物だって??そんなことありえない。だが彼の苦労を重視し



て出ておいた。見ると差出人はたしかに両親だった。なんだと思って開けてみると15mm



程の海で取れる貝殻と、手紙が入っていた。手紙は十行くらい。「久しぶりですね。あ



なたのことが気がかりで手紙を書きます。慎二、今までいろいろあったけど私たちはあ



なたのことを愛しています。いつまでそっちにいるつもりですか?パチンコばかりやっ



てあんまり仕事のあてが無いならこっちに来てはどうでしょう。地元でも年じゅう七丁



目のお店でスロットやってたものね。でもいいんです。あなたはもう十二分に頑張りまし



た。冬の九木湾の海は綺麗ですよ。いつでも待っています。」読み終わって俺はしば



らくぼう然としたが、直後に大声を出して号泣した。13日の契約更新でバイトはやめ



よう・・。そして両親と静かに暮らそう。そう思った。裏地を二重にしたジャン



パー・・23の時に自分で縫えるようになったんだ。ちゃんと着ていくよ





【解説】



















各行にある数字を並び替える。





・。俺のとこに来訪者などいないし。そう考えているともう一度鳴った。しかたがな(一)



なたのことが気がかりで手紙を書きます。慎二、今までいろいろあったけど私たちはあ(二)



宛に両親から宅配物が届いているという。今日で来るの3回目なんですよ、といかつく(3)



た。親と喧嘩して飛び出してもう四年、バイトで食いつないではいたものの、社会的(四)



イムは当然ほとんど鳴ることが無い。だがその日は続けて五回も鳴らされた。そうい(五)



えば昨日もおとといも鳴ってたな、どうせろくな用じゃないと思って出なかったが・・(ろく)



は今年が明けたばかりのある日、訪れた。俺は薄ら寒い七畳半の部屋でただゴロゴロしな(七)



なたのことを愛しています。いつまでそっちにいるつもりですか?パチンコばかりやっ(パチ)



た。冬の九木湾の海は綺麗ですよ。いつでも待っています。」読み終わって俺はしば(九)



程の海で取れる貝殻と、手紙が入っていた。手紙は十行くらい。「久しぶりですね。あ(十)



いのでインターホンを取ると、武士のごとく厳しい顔をしたお兄さんが映っていた。俺(士→十一)



目のお店でスロットやってたものね。でもいいんです。あなたはもう十二分に頑張りまし(十二)



らくぼう然としたが、直後に大声を出して号泣した。13日の契約更新でバイトはやめ(13)



言われた。両親から贈り物だって??そんなことありえない。だが彼の苦労を重視し(重視→十四)



て出ておいた。見ると差出人はたしかに両親だった。なんだと思って開けてみると15mm(15)



にも死んでいるも同然の状態。友達もいない。だから、そんな俺の部屋、16号室のチャ(16)



てあんまり仕事のあてが無いならこっちに来てはどうでしょう。地元でも年じゅう七丁(じゅう七→十七)



がらだらけた時間を過ごしていた。唯一の存在だった18歳の彼女にフラれ完全に鬱だっ(18)



子供の頃は幸せだった。父の趣味でジュークボックスがあったのを鮮明に覚えている。(ジューク→19)



真冬には寒がりの俺に、裏地が二重のジャンパーを母が繕ってくれた。いい両親だっ(二重→20)



た・・。俺はそんな幸せを、21歳の時に些細な喧嘩で壊してしまったのだ。そして転機(21)



よう・・。そして両親と静かに暮らそう。そう思った。裏地を二重にしたジャン(二重に→22)



パー・・23の時に自分で縫えるようになったんだ。ちゃんと着ていくよ(23)





3行目を縦読みすると、

『俺の両親は昨年海でおぼれて死んだのに・・・』

となる。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます