FC2ブログ

寝返り - 超怖い話 実話

ピックアップ!

寝返り

IMG_1753.jpg


四人でI県に旅行に行ったときの話です

四人一緒に大きめの和室に通されたのですが
部屋を見てみると
浴衣と湯飲みが五つずつ用意されていました

まあそのときは
旅館の人が数を間違えたんだな
くらいにしか思ってなくて
友だちと

「遭難して部屋の四隅を回る怪談あったよね。
一人増えてたり…」

とふざけてました

観光した疲れもあって、
十時くらいにはもう全員寝たんですが
寝たのがいつもより早いせいか
夜中に目が覚めて
私一人でそっとトイレに行きました

帰ってきて布団に入ろうとしたら、
もう中に誰か入ってるんですよね

最初

「ふざけて誰か布団に入ってきたな」

と思って両隣を見たら、
どっちにも寝てるんですよ



「あれっ?」

と思って部屋の一番隅の布団に目をこらしたら
そこにも寝てる

みんな私に背を向けて寝てて
後ろ姿の髪の毛しか見えません

ぞーっとなって
布団めくりかけたまま動けなくなりました

自分の布団に寝てるのが今にも寝返りうちそうで
かといって動いたらこっちを向きそうで
怖くてそのままずっとじっとしてました

そしたら突然

「うーっ」

って声が後ろから聞こえて
びくっとなって振り返ったら
友だちが寝言言いながら
寝返りうってるところでした

それで慌てて自分の布団の方に向き直ったら
何もいなくなってて
すぐに立って電気つけたら
やっぱり四人しかいませんでした

でもその日はもう眠れませんでした

冒頭の怪談話でも
本気で嫌がるような恐がりの子が多かったので、
翌日は何も言わずに発ちました

一人より大人数で泊まる方が安心だと思ってましたが、
そうでもないですね

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます