FC2ブログ

死ぬほどビックリ - 超怖い話 実話

ピックアップ!

死ぬほどビックリ

IMG_1975.jpg


貧乏なアパート暮らしの女です。

風呂が無いので銭湯に行ってる。

いつもの店が休みだったから、
ちょっと遠くの銭湯に行った。

浴室には数人のオバちゃんがいて、
楽しそうに話し合ってた。

洗髪してると視線を感じる。

洗髪を終えてから顔を上げたら、
自分の前の鏡に知らないお婆さんの横顔が映ってた。

横目で、こっちを見てた。
(洗髪台の正面が鏡になってる。
普通なら自分の正面顔が映るはず)

死ぬほどビックリした。

ビックリしすぎると悲鳴も出せないと初めて知った。

思わず後ろを振り向いたら、
誰もいなかった。

というか浴室に誰もいなかった。

さっきまで喋りまくってたオバちゃんたちは、
みんな更衣室に移動してた。

もう1度鏡を見たらちゃんと自分の顔が映ったけど、
絶対に見間違えなんかじゃないよ。

体格もポーズも違うし。

白髪だったし。

目が合ったし。

あわてて私も浴室から出た。

洗えたのは頭だけで体は洗えなかったけど、
それどころじゃない。

怖いよ。あのお婆さん誰?

もう二度とあの銭湯には行かない。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます