FC2ブログ

モニターを見て、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

モニターを見て、

IMG_1568.jpg

昨日は少ししか会えなかったから、今日は黙って彼の家まで来ちゃった。



リビングでこまごまとしたゴミを片付けて、台所で鼻歌混じりに包丁をふるう。



彼、帰ってきたらどんな顔するかしら。



考えるだけで笑みがこぼれる。



そのとき、インターホンが鳴った。



モニターを見て、私は玄関に向かう。



きれいにしたばかりなのに、またゴミを片付けなきゃ。



まったく彼ったら話してくれてないことが多いんだから。





【解説】



















『今日は黙って彼の家まで来ちゃった』

これが彼から合鍵を渡されているから家に入れたのか、

合鍵を渡されていないのに家に入れたかによって

意味合いが大きく変わってくる。



語り手が彼女なのか、ストーカーなのか。



ただ、インターホンが鳴り、

モニターを見た結果、

その相手をゴミ扱いし、

片付けると言っている。



つまり、殺すということ。



そのため、語り手はストーカーの可能性が高い。



となると、

『昨日は少ししか会えなかったから』

というのは、顔をチラ見したとか、

そういう話だろうか。





語り手がゴミと称して片付ける玄関先の相手が誰かわからないが、

本当の彼女ということだろう。



ただ、家に侵入するくらいのストーカーであれば、

彼女がいることくらいは認識していそうに思うのだが、

どうなのだろうか?

(「私の彼に付きまとって、迷惑な女」などといった思考になるだろう)



なんだかシドの妄想日記という歌を思い出してしまう。





仮に彼女ではないとしたら、

ただの友人かもしれないし、

もしかしたら宅配かもしれない。



そういう目で見ると、

「彼と関わる人は男女問わず片付ける!」

なんていうあまりにも危ない人に見えてしまう。



そうなると、

『リビングでこまごまとしたゴミを片付けて、台所で鼻歌混じりに包丁をふるう』

というのもまた・・・。



『こまごまとしたゴミ』は子供だったとか?



しかし、子供がいたら語り手は発狂しそうなものである。



となると、ペット?



ペットを台所で解体していた?



ペットすら邪魔だと思うのであれば、

「彼と関わる人は男女問わず片付ける!」

なんていう思考になってもおかしくはないと感じてしまう。





果たして、こんな危険なストーカーにつきまとわれている

彼の反応はどんなものなのだろうか?



というよりも、彼が帰ってきた時は

この語り手はその場にいるのだろうか?



なんだか、家にカメラが設置されていて、

彼が帰ってくる前に家に戻り、

そこから映し出される映像を見ていそうである。





なんて、語り手の恐ろしさを想像してしまった。



なり振り構わず行動するストーカーは

正直ものすごく恐ろしいと思ってしまう。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます