FC2ブログ

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】 ドアがばーんて開いて、短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】 ドアがばーんて開いて、短編

IMG_2086.jpg

足骨折して車椅子だったとき



トイレにいったはいいけど洋式じゃないと用を足せないし、



どれが洋式かわかんなかったから手前から一つずつ扉あけてみた。



ひとつめ、和式
ふたつめ、和式
みっつめ、和式



ってあけたところで、よっつめのドアがばーんて開いて、



女の子が泣きながら逃げてった。



…たぶん、よくある手前から扉あけてって



最後は上から覗いてるっていう幽霊話と勘違いしたんだと思う。



俺的にはぜんぜん霊体験じゃないけど、女の子的に霊体験ってことで。





【解説】



















男子トイレのはずがなぜか出てきたのは女の子。



・・・と思ったのだが、

語り手は女の子が出てきて当たり前の反応だし、

そもそも個室が4つ以上隣に連なっている男子トイレは

なかなかないのでは?



相当大きめのトイレでないと、

そんなに個室はないはずである。



となると、語り手は

車椅子であるにも関わらず

堂々と女子トイレに入って用を足そうとしていたということか…。



その感覚が怖いのだが…。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます