FC2ブログ

「何で無視すんの?」 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

「何で無視すんの?」

IMG_2090.jpg


大抵の人はそうだと思うのだが、
俺は通勤にはいつも同じ道を通っている。

その見慣れたいつもの道で体験した話を
在りのままにここに書こうと思う。

その日、俺は会社を出て帰路に付いた。

時間は夜の8時過ぎくらいだったろうか。

いつものように地下道を通って
その先にある駐輪場へ行くのだが、
長い地下道を歩いていると、
少し先に人影が見えた。

この地下道はあまり人通りが多くないのだが、
それでも人は通るし
それだけなら特に珍しいことは無い。

ただ、そいつは明らかに普通とは違っていた。

見た目はどこにでもいそうなただの女子高生。

だが、ようすが明らかに変だ。

壁を向いて少し俯きながら、
ストラップだらけの携帯を弄っている。

そして、時々何かブツブツと独り言を喋っている。

うわ…これなんかヤバイ人なんじゃないか?

俺は直感的にそう思った。

他にも何人か通行人がいるのだが、
皆そいつの事をガン無視している所を見ると、
皆そう思っているのだろう。

俺は他の人達と同じように、
とにかく気付かない振りをして
そいつの横を通り過ぎた。

そいつを通り過ぎてどれくらい歩いた時だろうか、
俺の携帯にメールが着信した。

何気にポケットから携帯を取り出し差出人を見ると、
見た事の無いアドレスだ。

俺は怪訝に思いながら本文を見た。

「何で無視すんの?」

書かれていたのはたったこれだけ。

意味が解らず

「はぁ?」

と思った俺は、
どうせチェーンメールの類なんだろうと

思いそのまま携帯をポケットに戻そうとした。

するとまたメールが来た。

アドレスはさっきと同じ。

「シカトしてんじゃねーよ、こっち見ろよ」

これだけしか書かれていない。

この時になって俺はふとある疑念を感じた

メールしてきてるの、さっきのやつか…?

いやいや、ありえねーだろ、
あんなやつ俺は知らねーぞ、
なんであいつが俺のメルアドしってるんだよ、
おかしいだろ…

でも、じゃあこのメールはなんだ?
ただの偶然か?
そっちの方が不自然じゃないか?

俺は心の中で自問自答した。

そして、

「ありえない」

そう思いながら後ろを振り向いた。

うわ…

予感は的中していた。

さっきの女子高生が
携帯片手にこっちを向いている。

薄暗い地下道の蛍光灯に照らされ、
少し俯いているので顔や表情などはわからないが…

そして、ゆっくりとこちらに向かって歩いてくる。

一瞬ひるんだ俺だが、ふと冷静になった。

色々ありえない状況だけど、
相手はただの女子高生だろ?

こっちが強く注意すればいいだけだろ、ア
ドレスの件もちょっと問い詰めてやろう…

そう思った俺だが、
近付いてくるやつを見て全力で逃げ出した。

ある事に気付いたからだ。

まず、今まで気付かなかったが
やつは右手に携帯を、
左手に血糊ベッタリの大きなコンクリート片を握り締めている。

そしてそれ以上に異様なのが
そいつの喋り方だ。

まるで音声の逆回転のように
変な抑揚の声でブツブツと何かを喋りながら、
足元はゆっくり歩いているはずなのに
凄い速度でこちらに向かってくる。

明らかに脚の動きと実際の速度が合っていない。

俺は一瞬で血の気が引いた。

なんだあれは…

おかしいだろ、ありえないだろ、
ありえない…ありえない…ありえない…

俺はパニックになりながら
全力で地下道の出口へと駆け出した。

階段を駆け上がり、
もう少しで出口というとき、
俺はふと後ろを振り向いた。

すると、目の前にやつの顔があった。

さっきも書いたように、
顔も服装もどこにでもいそうな普通の女子高生だ、

だが、やつの顔は明らかに狂気と言える表情だった、
言葉ではまるで説明できないが…

俺が一瞬ひるむと、やつは俺に向かって
血まみれのコンクリート片を振り下ろしてきた。

「うわあああああああああああああああああ」

俺は叫び声を上げながら
地下道の外へと倒れこんだ。

地面に倒れこみ腕と背中に強い衝撃を受けた俺は
暫らく起き上がれなかった。

が、次に来るはずの致命傷になるであろうコンクリート片の一撃がこない。

えっ?あれ?どうなんてんだ…

ふと俺が目を開けて見上げると、
そこには何もいなかった。

数人の人が

「大丈夫ですか?」

と手を差し伸べてくる。

俺は呆然として辺りを見回したが、
やつはいない。

起き上がらせてもらい、
まだ混乱している俺は
ふと地下道の方を見下ろした。

階段の一番下で
やつがこちらを見上げている…

俺は

「あの…そこの…」

と声にならない声でやつのいるほうを周囲の人に指差したが、
どうやら誰もやつがみえていないらしく、

「大丈夫ですか?救急車呼びますか?」

と心配された。

俺は混乱し
更に周囲の空気が痛々しく感じ、

「大丈夫です、大丈夫ですから!」

と言いながらその場を逃げ出した。

翌日、俺は会社を休んで
朝一で携帯を買い替えメルアドも変更した。

そして、あの日から今まで
二度とあの地下道は通っていない。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます