FC2ブログ

[超怖い話 実話] 当時家の電話は、 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 当時家の電話は、 長編

IMG_1785.jpg


自分が小学5、6年のとき、
兄貴とばあちゃんと3人で家に居たんだよ。

両親は共働きだったから、
帰ってくるのは二人とも午後9時くらいだった。

んで、確か午後7時位だったかなぁ?

ばあちゃんが風呂入って部屋に行った後に
家の電話が鳴ってさ

電話を取る前は、親のどっちかが

「帰りに何か買ってこようか?」

って電話だろうと思って
普通に取ったんだよね。

そしたら受話器の向こうからは何にも聞こえないで
ちょっとしたら「ブツッ」って切れたんだよ。

まぁでも田舎だし、
携帯の電波が悪かったんだろうって思ってたのね。

そしたらその5分後位にまた電話がかかって来てさ

今度は兄貴が取れよって言って兄貴に取らせたわけ。

そんで兄貴が受話器を取ったわけなんだけど
兄貴は凄く怯えた様な、変な顔をしてさ、
すぐ受話器を置いちゃったんだ。

どうかしたの?って聞いたら、
何か変な声がしたから切ったって言うんだよね。

当時家の電話は、
変な勧誘が怖いからって
電話帳にも載ってなかったんだ。

だから、きっと何かの聞き間違いか、
兄貴が俺を怖がらせようとしてるんだって思ってた。

そして、その後また電話がかかって来た。

お前が出ろって兄貴に言われて、
受話器を取ったら
受話器の向こうから

「ワタシ、メリーチャン。アナタノウチニイルノ」

って機械音みたいな声で喋りかけられた。

流石に怖くなってすぐに受話器を置いたら、
兄貴がお前も聞いたか?って言ってくるんだ。

どうやら兄貴も同じようなことを言われたらしい。

俺らは怖くなってまた電話がかかってきても
シカトしてたんだ。

そしたら5分おきぐらいに、
親が帰ってくるまでずーっと電話がかかってた。

俺も兄貴も涙目で耳塞いでたんだ。

そしたら玄関のドアが開いて、
ふすまが風でゴトッって動いたんだ。

びっくりしてそっちを凝視してると、
何のことはない、
親父が帰ってきたんだよ。

そんで、親父に事の顛末を話したら、
怪談「メリーさん」を真似たいたずら電話だろうって言って、
未だ鳴り続けてる

電話を取ったんだよね。

そしたら電話の音量を上げた訳でもないのに、
家中に響くくらいの大音量で

「アハハハハハハハハハハハハハハハ」

ってあの機械音みたいな声が聞こえて来たんだ。

流石にその晩は怖くて
家族全員(ばあちゃん除く)で一緒に寝たよって話。

それからは特に何もないけど、
あの耳をつんざく笑い声は10年程経った今でも
鮮明に覚えている。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます