FC2ブログ

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】この世の者 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】この世の者 短編

IMG_1623.jpg

とある古い旅館に泊まった時の出来ごと。



私は夜中にトイレに行こうとして、



見てはいけないものを見てしまった。



この世の者ではない者が首をまわし



「見たな!」と叫ぶと、私のことを追いかけてきた。



私は部屋に逃げ帰り、布団をかぶって震えていた。



すると、旅館の廊下を奴が歩いてくる音がする。



どうやら一つ一つの部屋を調べているようだ。



ガラリ。「ここにはいない…」トットットッ、ガラリ。「ここにもいない…」



声はだんだんと近付いてくる。そしてついに私の部屋の戸が開けられた。



ガラリ!「ここにもいない!!」



すすり泣く声はだんだんと遠ざかっていった。





【解説】



















『私の部屋の戸が開けられた』

にも関わらず、

『ここにもいない!!』

と言われている。



『布団をかぶって震えていた』

にも関わらずである。



となると、相手には語り手が見えていなかったのだろう。



つまり、語り手が幽霊である。





『この世の者ではない者』とは、

幽霊たちから見ればこの世の者ではない者のため、

生きている人のことだろう。



きっと最初は波長が合ってしまい、

語り手のことが見えてしまった。



『すすり泣く声はだんだんと遠ざかっていった』

はおそらく語り手という幽霊を見てしまったために、

怖くて泣いてしまったのだろう。



しかし…

部屋を一つ部屋を開けて調べている、

相手の方が正直怖いと思ってしまうのだが…

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます