FC2ブログ

仲間 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

仲間

IMG_1386.jpg

A君は、たまたま通りかかったリサイクルショップで



大きな引き出しがいくつかついた机を見つけた。



高級そうに見えたが、値段は以外に安かった。



店主が言うには、この机は亡くなった人の所有物で



その両親から買い取った物であるらしい。



さらにいくつかある引き出しのうち一つが開かなくなっている。



それが安さの理由らしい。A君はその机が気に入って早速購入した。



机を部屋へ運び込む時に、開かない引き出しの中からゴロゴロと音がした。



中にそれなりに大きな物が入っているようだ。



数ヶ月後、A君は首から上が無い状態で発見された。



ベッドで布団をかぶって、首が無い以外はただ寝ている姿だったという。



A君は亡くなる数日前から「自室で寝ていると物音がする」と言っていたらしい。



A君の両親は不要になったA君の机などをリサイクルショップに売り払った。



例の机はまた同じリサイクルショップに戻ったのだが



以前と違う点がある…



引き出しがさらに一つ開かなくなったことである。




店主は机が重くなったし、引き出しが二つも使えなくなったんじゃ



誰も買ってくれないと嘆いたが



私は仲間ができた事がとても嬉しい。



ずっと暗くて狭くて寂しかったからもっと沢山…



この引き出しを全てうめるくらい仲間がほしいな。



【解説】



















机の引き出しに首が吸い込まれているような感じ?



生きている人間の首を引き出しの中へと吸い込み、

その引き出しが開かなくなって次の獲物を狙っている。



最後5行の語り手は最初の犠牲者である。





ここで最初の犠牲者もこの出来事とは関わっていないみたいだが、

この出来事が起こるようなった理由は一体何だったのだろうか…

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます