FC2ブログ

アノ事件 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

アノ事件

IMG_1584.jpg


私が通学する駅は自殺の多い駅だ

そのせいか、電車の急停止が多い。

急停止が多いあまり学校や受験、会社に遅れても

「電車が」
「自殺があって」

と言えば学校は遅刻扱いにならず。

受験は余った教室で受けさせてくれる。

などまぁ朝が苦手な人には好都合だった。

そんなある日私が
何気なく駅のプラットホームにボーっと立ってたら
いきなり肩をつかまれ

「手伝うよ」

と言って線路に落とそうとしてきた

そいつの服装は
きれいなスーツに顔は普通の25~30の人

しかし口角が異様につりあがって不気味だった。

高校で柔道部に入ってたので
とっさに男を線路側へ投げたが、

「しまった」

と思った

正当防衛だったと言えば何とかなると
ビクビクしながら考えてたが
線路には男の姿は無かった

気味悪いと思ったが気にせず
電車に入りいつもどおり学校へ向かった

そして私は高校を卒業し大学を卒業し
一般社会人として世に出た。

高校のころのアノ事件を忘れかけていたある日。

会社に行くため、
駅に行った混んでいたせいで
後列に並んでいた。

そして何気なく前列の方を見ていたら、
小柄な男子高校生らしき人が並んでいた。

するとその高校生の後ろから
きれいなスーツ姿の男が近づき
高校生の耳元で何かを行った後、
肩を掴んで線路へ走り出した。

私は思った、
5年前と髪型、姿、身長、顔。

全てが同じ人はいるのだろうか。

男を擬視した。

その時一瞬後ろを向いた男と目が合い
口角があの時のように釣り上がっていた

わずか2~3秒のことだったが
30分のような長い時間に思えた。

ハッと我に返ると
周りで「キャー」とか「おうぇ」とか聞こえてきた。

また自殺らしい、
男子高校生一人の。

私は上司に遅れると電話をかけた。

ちなみにその後も自殺は減らないと言う。

原因は何なのだろう?

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます