FC2ブログ

知り合いと話をしてたん - 超怖い話 実話

ピックアップ!

知り合いと話をしてたん

IMG_1531.jpg


俺が五歳くらいの時
両親と祖父が兄と俺を連れて
母方の祖母の墓参りに行ったらしいんだよ

それで兄は父と一緒に近くの公園で遊んでた

いつもは俺も一緒になって遊ぶはずなのに
その時に限って俺は両親に付いて行ったらしい

そこで両親は墓参りを終えて
偶然来てた知り合いと話をしてたんだけど
不意に俺がボォっとある方向を見てることに気づいたんだ

もともとぼぉっとしていることの多かった子供だったらしいんだが
その時は凄く気になったらしい

それで俺に

「なんでそっちばっかり見てるの?」

って聞いたらしい

そしたら俺は

「あっちでお兄ちゃん達が遊ぼうって呼んでる」

って言ったらしい

兄が父と遊んでる公園とは全くの別方向

疑問に思った母は

「お兄ちゃんって……○○(兄貴の事)?」

って聞くと

「違う、知らないお兄ちゃん」

周りには話してた知り合いのおばさん以外には誰も居ない

気味悪がって
母と祖父は俺を連れてすぐにその場を離れたんだ

そしてその墓地なんだけど
海沿いの丘の上にあるんだよ

その方向はありがちだけど崖だったらしいんだ

その後母が俺に詳しく聞いたらしい話では
俺の事を呼んでいたのは数人の男女で
年齢は大体その時の俺と同じくらい

ひたすらこっちに来るように
ゆっくりと手を振りながら呼んでたらしい

それで次の日
その話を聞いた父親が話を聞こうとしたらしいんだけど
俺はそんなの知らないの一点張りで
その後で母に聞かれた事も答えた事も全く覚えてなかったらしい

小さいながらに頭が良かったらしく
記憶力も冴えてた俺が
前日のそんな事を覚えてないのはおかしいと思って
両親も祖父ももうその話には一切触れないようにしたんだとさ…………

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます