FC2ブログ

待ち合わせ - 超怖い話 実話

ピックアップ!

待ち合わせ

IMG_1393.jpg


8年程前、
夜8時ころに友達と
ゲーセンで遊んでいたときのこと

1~2時間遊んだところで、
友達のケータイが鳴った。

当時女がいなかった俺に気を使ったのか、
家に遊びに来ていた彼女を自分の部屋で待たせたまま
近所のゲーセンで俺と待ち合わせをしていた。

着信は彼女からで、
すぐに帰ってきてほしいという電話だった。

「邪魔すんじゃねーよ、じきに帰るからよー」

といってぶっきらぼうにすぐ電話を切る友人

と、すぐに鳴り出す携帯

とにかく早く帰ってきてほしいらしい

そんなやりとりが3~4回続いていた

俺もなんかあったんじゃねーか?と思って、

「気ぃ使わなくていいから帰れよ、
待ってんだろー?」

と友達に言った

すると、

「俺さーあの部屋帰りたくねぇんだよなー・・・」

とボソっとつぶやいた

そういえば、
その一週間前にそいつの家に遊びに行ったときに
友達の部屋に盛り塩が
ドアや窓のとこに置いてあるのを思い出した

イメージに合わなすぎて半分ウケながら

「なんでこんなもんが部屋にあんだよ?」

と聞いてみると、
そいつの兄に連れていってもらったらしい
某廃ホテルに肝試しに行って以来、
金縛りや布団の上に誰かが乗ってきたりと、
不可解なことがずーっと起こっているらしかった

俺と友達は
一緒に彼女のいる部屋に行くことにした

すると、彼女が

「テレビが消えない」

と言って震えていた

画面を見ると、
電源ランプが赤く点灯したテレビ(電源切れの状態)に、
真っ黒な画面に夜中のテレビで見たことのある砂嵐が、
SOSの3文字を形作っていた

ただこれだけのことだったが、
リモコンやテレビのボタンをいじっても反応がなく
文字は消えなかった

3人とも顔を見合わせて、

「おぃおぃ・・なんだよこりゃ・・ヤベーんじゃねーかコレ・・」

と、かなり動揺しながら
俺がテレビの電源ボタンをポチっと押すと
文字がプツっと消えた

たったこれだけのことだったが、
心霊現象的なものは初めてだったので、
当時は消してしまった俺に
何か絶対起こるとかなり怖かった

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます