FC2ブログ

ただ事じゃない - 超怖い話 実話

ピックアップ!

ただ事じゃない

IMG_1428.jpg


友人から聞いた話なんで、
細かいところは分からないが勘弁してくれ。

遊戯王カード全盛期のことだ。

友人とその双子の兄貴もご多分にもれずハマってて、
その日もカードを買いに行った。

その帰り道、
兄貴のほうが道端に遊戯王カードが落ちてるのを見つけた。

拾い上げてみると見たことのないカードだった。

死神のような黒いローブを着てフードを目深に被っていて、
口元がにやりと吊りあがった人物の絵だったと。

これは珍しいと思って、
兄貴はそのまま拾って家に帰った。

で、
家に帰ってからそのカードを眺めてたんだが、
なにか違和感がある。

その原因に気付いた兄貴は
ぞっとしてカードをゴミ箱に捨てた。

絵の背景が、
拾ったところの風景だったんだ。

その夜兄貴は尋常じゃなく体調をくずして
高熱を出した。

ただ事じゃないと察した母親が
何か変なことをしなかったか問いただすと、
兄貴はそのカードのことを話した。

ゴミ箱のカードを見た母親にも
カードが異常なことは分かった。

これしか原因が考えられないし、
とにかく塩をまきまくって
素人なりにお祓いのまねごとをした。

これが効いたらしく、
兄貴の体調はなんとか元通りになった。

カードはそのまま燃えるゴミに出した。

兄貴によると、
その死神は体が小さく、
子供のような印象だったらしい。

それで母親はそこで
死んだ子供の霊じゃないかと推測していたと。

石を拾ったら洒落にならないことになったって話はよく聞くが、
こんな変わり種もあるということで。

けれどあのカード、
ちゃんと燃やされたのかな。

消えたりとかしてたら怖いよな。

友人はそう言って話をしめくくった。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます