FC2ブログ

【超怖い話 実話 洒落にならない怖い話】すると何か後ろから 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 洒落にならない怖い話】すると何か後ろから 短編

IMG_1304.jpg


知り合いから聞いた話

とあるローカル線の終着駅

その日電車に乗り損ねた知り合いは
次の電車を待つために
線路の向こうのコンビニで時間を潰そうと
陸橋を渡ろうとした

時間は午後五時前

陸橋の天井の灯りがつくのは午後五時。

足元もよくわからないくらいの暗さの中を歩いていた

すると何か後ろから
誰かが歩いてくるような気配というか物音がする

ふと振り返って見ても誰もいない、ように見える

前を見るとまたヒタヒタと歩くような音というか、
気配を音として感じるというか変な感じがする

気持ち悪くなった知り合いは足をとめ、
振り向き音の正体を探ろうとした

何もいない…

気のせいか、と思ったそのとき
ヒタヒタという歩く気配がこっちにくる感じがする

ギョッとして身をすくめると
その気配は自分の位置をすり抜けて
陸橋の先へと遠ざかっていく

悲鳴をあげて逃げ出したくなったその時、
五時になったのか天井の蛍光灯がついた

もちろん誰もいない

ふと、蛍光灯が揺れている気がして注視してみた

灯りでわかりにくかったが
蛍光灯の手前には濡れた足跡があった

よく見るとそれは一つだけではなく
天井をまっすぐ歩いてくるような形でならんでいた

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます