FC2ブログ

【超怖い話 実話 洒落にならない怖い話】交通量は多いと 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 洒落にならない怖い話】交通量は多いと 短編

IMG_1494.jpg


近所にある嫌いな場所の話。

そこはJRの線路下をくぐるように作られたトンネルで、
右脇に細い歩道がついている。

通る時は坂を下ってから
また上るかたちになるので、
見通しが悪く昼でも薄暗い。

距離が短いからか街灯の類はなく、
交通量は多いという危険な場所だ。

ある日の夕方、
近くを通りかかったときに、
トンネルの中で泣いている小さな女の子をみつけた。

近くに親らしき人物もおらず、
危険だと思った俺は声をかけることにした。

「なんで泣いてんの?」

女の子は俺を見ると、
泣きじゃくりながら車道を指差した。

そこには車に轢かれたネコの死骸が転がっていた。

「……君の?」

とっさに出たのはそんな言葉だった。

女の子が大きく肯く。

涙でびちゃびちゃの大きな目が、
無残な亡骸をじっと見つめていた。

女の子もネコも可哀想だが、
とにかくこの子をトンネルから連れ出そうと思った。

この子まで車に轢かれるようなことになってはいけないし、
死骸を見続けるのは辛いだろう。

それに、次に来る車が
ネコの死骸を轢かないとは限らないのだ。

そんな光景はとても見せられない。

そうして俺は女の子をなだめ、
抱きかかえてトンネルを出た。

外に出たとたん悲鳴があがった。

通行人の女性が俺を見て声を張り上げている。

まさかこの子のお母さんか。

これは誘拐じゃないぞと憤慨しかけたが、
そういうことじゃなかった。

女の子を抱えたはずの俺の腕の中にいるのは、
哀れなネコの死骸だった。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます