FC2ブログ

【超怖い話 実話 恐怖体験談】 「夜中に足音がする」 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 恐怖体験談】 「夜中に足音がする」 長編

IMG_1379.jpg


昔「変な現象がおきる物件」で
暮らしてた事があるんだ。

転がり込んだ彼女のアパートなんだけど、
同棲をはじめて半年くらいで彼女が失踪。

居なくなる少し前に、

「夜中に足音がする」
「キッチンに誰かいる」
「誰か(オレ以外)に見られてる気がする」
「嫌な匂いがする」

とか言い始め、
その時まったく感じなかったオレは
全然取り合わなかった。

そしてある日突然、
なんの前ブレもなく彼女が居なくなった。

あちこち探した。

会社も無断欠勤で
そのうち退職扱いになってたし、
実家にも友達にも連絡してない。

その部屋自体は家賃が安く、
そのうち帰ってくるさ、
とオレはその後もそこに住み続けた。

うちは両親他界してて実家が無かったから、
オレがそのアパートを引き払うと
彼女との接点も無くなるしな。

彼女が居なくなって1年ちょっと経った頃、
彼女がオレの枕元に立ってる夢を何度も見た。

夜中にキッチンに誰か立っている、
背中に視線を感じたり、
天井裏からゴトゴトいう音、
今そこに彼女がいたかのような気配。

日ごとにその現象や気配はハッキリとしてきた。

さすがに鈍感なオレも
これは彼女に何かあったのでは?と思い、
だが警察に相談しようにも
捜索願は彼女の実家が出してるし、
部屋に変な現象が、と相談した所で埒があかない。

そのうち、
アパートの更新が来て、
オレは部屋を出た。

もう十何年も前の話だ。

彼女は未だに失踪したまま。

まだあの部屋にいるのかも知れない。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます