FC2ブログ

小学校のころのこと。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

小学校のころのこと。

IMG_1689.jpg


今でもよく覚えてるできごと。

小学校のころのこと。

よくある鉄筋コンクリート式の小学校だったと思う。

廊下に立ったとき、片面は窓辺で、
反対側は教室か階段がついてる感じの建物。

教室はその廊下の短辺の両端と、
この廊下に沿って並んで配置されてる。

階段はその両端の部屋の手前、
に配置されてた。

とにかくこういう、
どこにでもあるような、
ステレオタイプな小学校だった。

小学二年生のころ、
何かの課題で居残りをしていた。

早めに終わって帰宅しようとすると、友達の、

「待っていて、一緒に帰ろう」

の一声で、待つことにした。

秋口だったか、
校内放送で下校の時刻を放送されたころには、
外は真っ暗だった。

私の教室はちょうど隅の教室で、
廊下で友達を待っていると、
すぐ目の前は階段がある。

私は窓を背中にして、
ぼうっと待っていた。

そうして私はぶらぶら、
時折窓の外でぶうん、
と音を立てて通っていく車の音と、
車のライトで照らされて出来る私の影、
車の移動にあわせて伸び縮みする自分の影を見ていた。

そのうち飽きてきて、

「まだ終わらないの?」

と友達にきいた。

「もうすぐだよ」

と、先生にプリントを提出しながら友達が返事をした。

もう終わりそうなら待とうかな、
と思って教室から視界をずらして、
またぶらぶらしていると、
何度目かのぶうん、という車の音と、
私の影が映った。

その時、私の影と一緒に、階段を降りてきて、
くるりと踊り場を回っていく形の影が映った。

その影は、
私の影と一緒に光にあわせて伸びをして、
階段を降りていく形でたんたんたん、
と足踏みをしている。

やがて、車が通り過ぎて、消えた。

状況として判りにくいと思うけど、
上に上る階段側の踊り場付近に、
上の階の影が移って、
下へ向かう階段の踊り場に、
自分の影が移る状態だった。

だから上に人がいたら、
上の階段をみてると、
その影が移っているというわけ。

(誰か降りてきたのかな。)

そう考えて、
上の階段をのぞいてみる。

ぶうん。

車が通った。

またくるりと翻る影が映る。

その時、小学二年生の馬鹿な私にもわかった。

その人の降りてくる音がしない、
影が見えて、くるりと回転するところが見えたのに、
人がいなかった。

そんなはずが無い。

確かに階段を降りてくる影だったのに、
くるりと回転したのに。

すぐに本人が姿を見せないなんてあるわけない。

瞬間、ぞくっとして、
怖くて、教室の友達を見た。

友達が笑顔でこっちに向かって来ている最中だった。

「早く帰ろう!」

怖くて、そう言うが早いか
友達の手を握って走った。

友達は何故走るのか判らないからか、
なかなか走ろうとしてくれない。

わたしたちは、階段を下りていく。

ぶうん。

音がして、また踊り場に影が映った。

影はくるりと反転する。

その時思った。

私がいるのは二階だった。

影は三回目のくるりをした。

直感的に、
それといま同じところにわたしはいる、
そう思った。

たんたんたん。

影が降りてくる。

友達は走ってくれない。

やがて、

(追いつかれる!)

そう思って、友達の手を離して、
階段を飛び降りることにした。

瞬間、ぞくっと、
心臓が大きく跳ねるような悪寒がした。

「きゃっ!」

どたん!と着地して、横を見ると、
友達もいる。

さっきの声は、
彼女からだった。

何故か私と一緒に彼女も飛んだのだ。

「いま、ぞくっとしなかった?」

「した!」

彼女になんといえばいいのかわからなくて、
でも彼女もこわいね、暗いよね。
といい、走って帰った。

後になって思い出すとき、
この体験の奇妙な点をいつも思う。

ひとつめは、
何度も踊り場を反転する影のこと。

二つ目は、その影自体。

廊下側に接している窓から強い光が入り、
影が映る。

廊下に立ってる私の影が映る。

これは説明がつく。

でも、なんでくるりと反転する影が映ったんだろう。

車が通り過ぎていくと、
影の映る位置も変化する。

光は、移動していくから、
影も移動して、定点にいても、伸び縮みする。

窓際にいないと、影は映らない。

光とともに移動するあの影はなんだったんだろうと思う。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます