FC2ブログ

[超怖い話 実話]俺の事をじっと見つめて 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話]俺の事をじっと見つめて 短編

IMG_1920.jpg


今は、京王線禁煙になってるじゃないですか。

まだ禁煙になってなかった頃の話なんですけれど、
府中駅の近くに当時働いていて、
残業やらなんやらで終電に乗る事になったんですよ。

喫煙場所でタバコを吸おうとライターを取り出したら、
25歳ぐらいの女の人がスタスタ歩いてきて、
俺の事をじっと見つめてくるんです。

なんだよ!って思ってたら、

「ライターを貸していただけますか?」

って聞かれた。

ああ、なんだ。って思って
ライターを手渡したらその女は、
ニッコリ笑って俺の事を見つめたまんま、
突然自分の髪の毛を燃やしはじめて、
びっくりした俺は、

「やめなさい!」

大声でライターを取り上げようとした。

そしたらその女はライターを線路にぶんなげて
ケラケラ笑いながらライターの後を追って線路の中へ!

何がなんだかわからず、
あっけにとられる俺。

そこで、終電のアナウンス。

われに返った俺は、

「おい!あがってこい!」

って大声で叫んで線路をのぞいた。

そしたらその女がホームの下のくぼみ(避難所?)から
にょきっと頭だけ出して
仰向けみたいな感じでこっちを見て笑ってる!

すんげーびっくりして、
俺はシリモチついた。

電車が入ってくる。

やべぇ。あの女死んじゃうよ!
って焦ってまわりをみたら、
他の人はそしらぬ顔で携帯をいじってる。

で、はっとした。

ホームの下のくぼみって、
人が一人入って仰向けになって
頭だけだせるぐらいのスペース無いだろ?

夢でも見たかと思ったんだけど、
俺のポケットからはライターは無くなってたんだよなぁ。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます