FC2ブログ

『今度は左目をお願いします』 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

『今度は左目をお願いします』

IMG_2355.jpg


雨降る6月の山を登ってきました。

特に不思議な事はなかったのですが、
山道の途中にある小さな神社に
ちょっと雨宿りさせてもらおうと近づいたら、
神社の扉に鎌が何本も掛っておりました。

鎌の柄には人の名前(カップル?)や

『今度は左目をお願いします』

などとあって、
ここの神社は邪悪な神様を祀っているのか?と思った。

しかし、ひとつの鎌に

『おかげ様で体調は良好です
今度は左肩をお願いします』

と書いてあって、
さらにもうひとつの鎌には

『いつまでも健康に仕事が出来ますように』

と。

なぁ~んだ、
ここの神社には大切な願い事を
鎌に書く習慣があるのか。

『今度は左目…』

は、
他人の目を壊すのではなく
自分の目の治療だったんだと理解。

さらに、怠け者の僕にとって、
仕事をするために健康でいさせてくださいという謙虚な願いは、
かなりカルチャーショックで感動してしまった。

雨に煙る大自然の中のなにかありそうな小さな神社、
というシュチュエーションの力も相まって、

「あぁ、なんて神秘的なんだ・・・
神様ありがとう・・・
人間ありがとう・・・」

という変わってるも素敵な心境にさせられました。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.05.11|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます