FC2ブログ

何度も何度も見舞いに行って謝ったさ。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

何度も何度も見舞いに行って謝ったさ。

IMG_2050.jpg


そういや生霊が幽霊より怖い(念が強い)ってことを思い知らされる事件があったよ。

平成15年のことだから、
あれは5年前の3月。

俺、車で80歳のおばあさんをはねてしまったんだ。

死ぬほど強くってわけじゃないけど、
転んだときに頭を地面に打ってね、
すごい出血だった。

病院に担ぎ込まれ、
頭の外傷はたいしたことないとわかったけど、
右膝が骨折してることが判明。

ただその手術直前に持病の肺炎が悪化し手術断念。

のちに脚はもう治らない、
車椅子生活決定みたくなってしまった。

彼女そのショックで塞ぎ込んでしまい、
俺が見舞いに行っても、

「あたしの足を返してくれ」

「いきなり後ろから突っ込んできやがって。
おまえも同じ目に遭わせてやる」

そればっかなんだな。

実際、車道にいきなり飛び出してきたのはばあちゃんの方で、
死角の電柱の陰から出てこられたので、
こっちは避けようがなかったんだ。

ま、こういう場合でも人身事故になれば車は重責。

何度も何度も見舞いに行って謝ったさ。

ただね、3月の事故から5月末まで、
俺の身のまわりで科学では証明されないような不思議な事ばかり。

自販機で煙草を買って、
振り向きざまに今までなかったはずの電柱が目の前にあり、
顔面直撃&血だらけ(3回も)とか、
テーブルの脚に足の小指をぶつけて骨折とか。

あと深夜寝てるときに何者かから首を締められたり、
右足を引っ張られたりは日常茶飯事だった。

ただ俺はそれも認知してた。

「ばあちゃん、病院で俺に怒ってんだろうな」

って。

そして5月の終わりのある日のことだよ。

深夜、寝ようと歯を磨きながら立った姿勢でテレビを見てたんだ。

テレビのスイッチを消すタイミングを見計らっていたのね。

したら誰がいきなり俺の背中をすんごい力で押した。

俺マジにつんのめったよ。

言っとくけど俺は一人暮らしよ。

ペットも飼ってない。

そのとき俺は直感したね。

もしかしたら、
ばあちゃんもう終わりなのではないかと。

実際、そのときのばあちゃんは肺炎が悪化してよくない状態だったから。

俺の予想通り、翌明朝早く、
ばあちゃんの息子さんから

『亡くなりました』

って電話をいただいた。

あれから5年、
命日とお盆&彼岸には必ず墓参りに行ってる俺だけど、
亡くなる前夜まであった不思議な現象はいまだ一つも起きてない。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.05.26|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます