FC2ブログ

家に帰ると、妻が青い顔で言いました。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

家に帰ると、妻が青い顔で言いました。

IMG_2315.jpg

最近ボクは毎日たけるくんと公園で遊んでいます。



砂場で山をつくったり、トンネルをほったりしていると、



あっというまに時間がたちます。



夢中であそんでいると、学校のチャイムの音がきこえてきました。



「あ。休み時間が終わっちゃう」と、たけるくんが言いました。



ボクが笑いながら「だいじょうぶだよ。まだまだ休み時間はあるよ」というと、



たけるくんも「そうだね」といって、ふたりで笑いました。



ボクたちは、もう学校のチャイムを気にする必要なんてないのです。




またしばらく遊んでいると、



公園のスピーカーから「夕焼けこやけ」が流れてきました。



「5時だ」うす暗くなってきた空を見上げて、たけるくんがいいます。



スピーカーからも「5時になりました。おうちに帰りましょう」と聞こえてきます。




「おうちに…帰りましょう」と、たけるくんがつぶやく。



「ダメだよ。今日は残業の日なんだから」ボクがそういうと、



たけるくんは小さくうなづきました。



すっかり暗くなってしまった公園で、ボクたちはだまってブランコをこぎました。




そうして2時間ほど遊んだあと「また明日」といって手をふって、



たけるくんにさよならを言って家に帰りました。




家に帰ると、妻が青い顔で言いました。



「あなた。同僚の鈴木さんが、ついさっき自殺したって連絡が…」





【解説】



















語り手とたけるくんは、

会社をリストラされてしまったサラリーマン。



それを家族に気づかれたくないため、

出社時間に家を出て、

公園で時間を潰している。



『ダメだよ。今日は残業の日なんだから』

というのも、定時の時間を作ったり、

残業の時間を作ったりなどと、

できる限りバレないようにするためだろう。





『同僚の鈴木さん』はたけるくんの事。



語り手と別れた後に自殺してしまった。



妻が「元同僚」ではなく、

『同僚』と言っていることから、

まだリストラされたことには気が付いていないのだろう。



語り手は気づかせないように公園で時間を潰しているため、

その方が良いのだろうが…



今後はどうするつもりなのだろうか。





それにしても、

リストラされたことに気づかれないように公園で遊んでいるが、

砂場で山を作ったり、トンネルをほったりしていれば、

スーツが砂まみれになると思うのだが…



良い大人2人が

スーツ姿で砂遊びをしているのを想像してみると

ちょっと怖いと感じてしまう。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.05.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます