FC2ブログ

「先生!お金を盗られました!」 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

「先生!お金を盗られました!」

IMG_1853.jpg

学生の頃、5000円札を盗まれたことがあった。



体育の時間の後のことだった。



「先生!お金を盗られました!」



その一言で授業は中断。



かくして犯人探しが始まった。



物々しい雰囲気の中、全員財布の中を出した。



5000円札が入っていたのは3人。



緊迫した空気になった。



そしてとどめの一言。



「お札の右下に小さく名前を書いておいた」



犯人は見つかった。



そいつは俺を泣きそうな目で見てた。



俺は目を背けたよ。



そいつは停学処分に処されたらしいのだが、ことがことだからな。



学校にいずらくなったらしく、自主退学ということでやめてしまった。



まぁ、めでたしめでたしっていうわけだ。



それにしても驚いたよ。



まさか札に名前が書いてあったなんてな・・・・・・・全然気付かなかったよ。





【解説】



















『先生!お金を盗られました!』

と言った生徒からお金を盗んだのは

おそらく語り手。



では、その盗んだお金が

なぜ『そいつは俺を泣きそうな目で見てた』という彼の元に渡ったのか?



語り手からお金を盗んだのだとしたら、

こんな目で語り手を見ないだろう。



ということは、語り手が盗んだ5000円で

彼に借りていたお金を返した、

両替してもらったなどで彼の元へと渡ったということに。



何もしていないのに犯人にされるのは本当に怖いものである…。





余談だが、

今回の話でお札を確認してみた。



そこでお札の人の名前がついていることを今回初めて知った。



千円札と一万円札は右下あたりに

五千円札は真ん中あたりに名前が書かれている。



今更知ってしまった事なのだが、

これは知っていることが当たり前なのだろうか?



知っていることが当たり前だったのだとしたら、

私が今ようやく知ったという事実が怖い…。



当たり前ではないことを祈っておきます。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.05.27|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます