FC2ブログ

子供も産まれ幸せに過ごしていた。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

子供も産まれ幸せに過ごしていた。

IMG_1645.jpg

少年時代からとても仲がいい二人の若者がいた。



AとBと言うことにする



二人で会社を起こし、順風満帆だったが、AはBを裏切った。



多額の借金を背負わされ、苦しんでいた。



Aは結婚し、子供も産まれ幸せに過ごしていた。



そしてBは復讐を誓う。



ある日、5歳になるAの娘を誘拐した。



山奥の光も差し込まない小屋の中で、少女の体にあわせた木箱に監禁し、



食事だけはできるようにと、顔だけは出してあげた。



10年間、1日1回の食事だけは必ず与えた。



そして、Aに手紙を送った。



「お前の娘を返してやる。~の小屋の中だ。引き取りにくるがいい」



Bの復讐はもうすぐ完遂する。





【解説】



















5歳になる娘を

『少女の体にあわせた木箱』

に監禁したので、

10年後である15歳には

娘は箱の形に成長している?



その場合骨とかどうなっているんだろう…

とか思ってしまうが、

人はなんだかんだでその状況に対応するため、

想像もできないような構造で

箱の形に成長しているかもしれない。



その箱の形になった娘の姿を見て

Aが絶望することでBの復讐は完遂する。





ただ、Aはとても仲が良かったBを裏切るような人である。



娘を誘拐された10年間、

ずっと娘を探し続けていたのだろうか?



「10年も離れていた娘を自分の娘と思うつもりはない」



などと血も涙もないようなことを言うのではないか?



あくまでも勝手な想像ではあるが…

そういう想像をしてしまうとゾッとしてしまう。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.05.29|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます