FC2ブログ

いわゆる「お札」というものだ - 超怖い話 実話

ピックアップ!

いわゆる「お札」というものだ

IMG_1508.jpg


当時の俺は、
以前から病気持ちだった妻に転移がみつかり
度重なる「入院→手術」で気持ち的にも金銭的にも余裕がなく
家庭事情に理解のあった上司も移動になってしまい
本当に追い詰められていた

今にしてみたら
病んでいただけなのかもしれない

半年間で俺におきた出来事を書いてみる

看病で休みがちな俺に、
新上司は容赦がなかった

名指しで罵倒され、
業務上の会話すら拒否、
休職願いは握りつぶされた

同僚は同情してくれはしたが、
やはり上司には逆らえない

帰れば帰ったで
請求書や保険会社への書類など嫌な事しかない

病院にいけば妻は弱気で

「自分が死んだらいい人見つけてね」

とか言い出す…

もうね、ほんと生き地獄ってのは底がないなw

そんなある日、
俺は病院で財布を拾う

ずっしりと重い長財布にはそこそこの大金が入っていて
余裕のない俺にはとんでもなく魅力的に見えたが
非常に気になるものが挟んであった

いわゆる「お札」というものだ

病院という場所柄、
お守りみたいなものかな?と思う反面
お札なんて直接財布に入れるものなのか?
とおかしくも感じる

そもそもお札って折り曲げてもいい物なのか
妙に気になったのを覚えている

ちなみに恥ずかしながら、
財布は自宅に持って帰ってしまったorz

警察に届けようか、
これだけあれば何日分のベッド使用料になるか
その時の俺は本気で悩んでいた

翌日の仕事帰り、
俺は駅のベンチで自問自答していた

俺けっこう頑張ってるんだけどな…

妻を見捨てて毎日出社すれば
上司は挨拶を返してくれるのかな…

たしかそんな最低なことを考えていたと思う

俯いて帰らない理由を考えていると

「そうだな、おまえは良くやってるよ」

ベンチの前に立っていた人が
俺に声をかけてきた

うはw俺声にだしてたのかwwと顔を上げると
そこには誰もいない…

俯いていたとはいえ、
コートが見えてたんだけど…

自分で病んでるなーと思いつつも、
なんだかうれしかったw

幻聴でも認めてもらったのは久しぶりだったしw

気分的なものなのか、
最近は家に帰ると森の匂い的な香りがして
落ち込んでいた俺の豆腐メンタルも癒される

明日も頑張ろう

そう思えた

不思議なことに俺が落ち込むと、
時々幻聴は俺を励ましてくれた

病んでた俺は
「そんなこともある」程度に考えていたけど
幻聴は徐々におかしな方向に変わっていった

「もう充分頑張ったんじゃないか?」

自転車の信号待ちに幻聴が聞こえた

え?と思ったときにはもう

「はい、おしまい」

と後ろから突き飛ばされた

慌てて急ブレーキ!

狂ったようにクラクションで威嚇するDQNカー

呆然とする周囲の人たちと俺

何がなんだかわからない俺は、
その場を謝り倒して家へ逃げ帰った

あれ?俺突き飛ばされたよな?
とか考えているうちに寝ちまったんだけど
夜中に猛烈な生臭さを感じて目が覚めた

目が覚めるほどの生臭さってちょっとないぜ?

なんだこの臭い?と周囲を見回して、
ふと財布とお札の事が頭に浮かんだ

あーどうしようかな…
やっぱ届けないとまずいよなぁ
そんなこと考えてたら朝になってた

翌日やっぱり考え直して
財布は警察に届けた

案の定、財布は酷い臭いがしていたけど
警官はけろっとしていて
中身を確認して調書?を作成していく…

お札をなんて書くのかな?と見ていると
普通に「金○○万円」「他札1枚」と記載されていた

気持ち悪い出来事や幻聴は、
それ以来収まったんだけど
妻の病状がやけに良くないみたい…

進行が妙に早いって先生に言われた…

職場も業績良くないし、
どうにも「おしまい」ってのが気になるんだよね

俺の悩みはどうおしまいを迎えるんだろうと
不安でしょうがない

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.05.28|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(1)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

当時なの?今現在なの?
良く解らない。

2019-05-29 22:46 from ななしちゃん

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます