FC2ブログ

しばらく顔面蒼白で、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

しばらく顔面蒼白で、

IMG_2450.jpg


中学校の頃の音楽室での話。

音楽室の後方の壁に食器棚のような棚があって、
普段はカーテンがかかっているんだが、中を覗くと、
すごい古い誰かの手書きの楽譜とか、
完全に色が変色した古い教科書、
日付を見ると昭和34年とかの資料といった
どうやら授業ではもう使わないけど、
捨てるに捨てらんない系らしきもの?が色々入っていた。

右下が引き出しになっていて、
中にはやはり古いカスタネットや笛のようなもの、
あとボロッボロに錆びて完全にこげ茶色になっている
トライアングルが入っていた。

この音楽室には噂があり、
6時を過ぎてからこの音楽室で
この茶色のトライアングルを3回鳴らすと、
壁に貼ってある作曲家の肖像画の目線が
一斉に凝視してくるというものだった。

ある日、友人のAが女子達とこの話で盛り上がり、
すっかりテンション上がったAが、これを試して、
どうなったかあとで報告してやると言い出した。

一人でやっても証拠が無いからっつって、
Aと同じくバスケ部だった俺がどうしても一緒に行ってくれと言われ、
ついて行くことになった。

この音楽室には普通の教室と同じくドアが2つある。

黒板側と後ろ側。

後ろ側のドアのところは木琴と鉄琴が置いてあって
足の踏み場があまり無いんで、
授業で出入りする時も生徒は黒板側しか使わない。

後ろ側のドアは常時鍵がかかっている。

放課後、
音楽の先生が黒板側のドアは必ず鍵をかけてチェックするが
後ろ側しない。

コーラス部の人に頼んで後ろのドアの鍵を開けといてもらえば、
先生のチェックを逃れて後ろ側のドアを開け、
木琴とかもちょっとずらせば中に入れる。

そんなわけである日、
練習終わったあと中に進入。

初夏の頃だったので
6時でもまだ結構明かるかった。

俺ははっき言って怖かったので他の部員も誘いたかったが、
Aはそれをやると反対する奴が居そうでヤダというから結局2人っきり。

引き出しからトライアングルを取り出し、
Aが鳴らす。

チーン。チーン。チーン。

おそるおそる肖像画を片っ端から確認する。

どうやら変化は何もない。

3打目のトライアングルの残響も止み、
黒板のところの時計の秒針しかきこえない。

俺はこの雰囲気だけでなんか怖い。

音楽室の空気が
一気にずっしり重くなったような気がした。

Aは全然怖がってない。

「何も起こらないのかなー」

と顔に笑みを浮かべ、
さらにトライアングルを鳴らす。

チーン。4打目。
チーン。5打目。

俺はびびりつつAの様子をずっと見てた。

チーン。6打目。

6打目は唐突にAがトライアングルを手で握って音を止めた。

「出よう」

Aがトライアングルを席に置き、
俺の袖を引っ張りドアのところに引っ張って行く。

その顔に笑みは無い。

「どうした?」

「いいから」

俺はそこそこ強い力で
俺を音楽室から廊下につれ出された。

こいつは一体何を見たんだろうか?

音楽室からは出たのでもういいかと思って

「えっ、何、何、なんか出・・・」

「ちょ、(ヒーッ)」

Aは俺の『出た』という単語を止めたかったのだとわかった。

が、取り乱していて呼吸が整わず、
(ヒーッ)と息で音を立てただけだった。

怯えている。

まじでAが怯えている。

様子が尋常じゃないので、
俺はだいじょうぶだいじょうぶ、
どうってことねーってとか励ましつつ、
一緒に学校を出た。

そのままAには何も説明させず、
とにかく公園まで行った。

ベンチに座り、Aが落ち着くのを待つ。

ここからは学校は見えない。

音楽室にトライアングルを放り出して来てしまった。

Aはしばらく顔面蒼白で、
俺もどうしたらいいのかわかんなかったけど、
犬の散歩のおっさんが一人通り過ぎたのをちらっとAが見たので、
これをきっかけに聞いてみた。

「俺、何も気付かなかった。どの絵が動いたの?
ベートーベン?」

「・・・ビタワン」

「え?」

「だから、ビタワン」

黒板側の窓際には、
何やら書類の入った袋がいくつかあり、
そのうちの一つが何故か
ペットフードのビタワンの一番大きなサイズのビニール袋だった。

それにプリントされた犬の絵が目を真っ赤にし、
Aを凝視していたらしい。

これを聞いて、
家に帰ってから疑わしくなった。

Aは俺を怖がらして、
その様子を笑いにするために演技してんじゃねーかと思った。

次の日学校に行ったら、
俺がびびっていた様子を言いふらしてネタにするパターンか?と。

しかし次の日、
どうもAは誰にもこの話をしていなかった。

同行した俺のほうが
女子から昨日どうなったのと訊かれる。

やがてトライアングルを放置したことから侵入がばれた。

と言っても俺が一緒だったことはバレず、
職員室にAだけ呼ばれて怒られた。

その際、音楽室で見たことを全てAが話した上で、
Aの頼みで先生はビタワンの袋をやめて別の袋にした。

あれはもしかするとマジだったのかも知れない。

今俺は、ビタワンのデザインがちょっと怖い。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.05.19|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます