FC2ブログ

「あんたあの時凄く泣いて大変だったよ」 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

「あんたあの時凄く泣いて大変だったよ」

IMG_2051.jpg


私は人形が大の苦手で、
人形のいる部屋でご飯食べられないし、
雑誌とかテレビに映るだけでも嫌で、
触れるなんて事はもってのほか。

前まではディズニーランドとか人形の多い場所に行くだけで
具合が悪くなってた・・・

自分では何でそんなに人形がダメなのか分からなかったんだけど、
母にある写真を見せられて分かった。

その写真というのが、
幼い頃の自分が人形(ポポちゃんみたいな奴)を持ちながら大泣きしてて、
傍らに姉がついてる感じだった。

私は凄くゾっとするものを感じた瞬間に、
当時の光景が頭の中でフラッシュバックされた

最初は姉と人形遊びをしてるんだけど、
姉が母に呼ばれて何処かへ行った瞬間、
人形が動き出して私の髪の毛をひっぱりだす。

私も負けじと人形の髪の毛をひっぱって応戦するんだけど、
人形は更にキレて私に噛み付いてきた。

人形が何か恨み言のようなものを私に浴びせてきて、
こりゃ敵わんと思い姉を呼んで助けて貰うという内容。

誰かに言っても信じて貰えないし姉も覚えてない。

母が言うには

「あんたあの時凄く泣いて大変だったよ」

とのこと。

何故人形はそこまで私を恨んでいたのか?

思えば私はかなりのワガママ娘で人形でも、
何でも粗末に扱っていた。

気に入らない事があるとワーワー騒ぎ立てて、
地面に寝転がるほどの手がつけられない子供。

そんな私に両親と姉は手を焼いていて、
とにかく大変だったらしい

ひな祭りの時なんか、
お内裏様か誰かの刀を拝借してチョコレートを刻んだあと、
チョコがべったりついた刀を洗いもせずに鞘におさめたりした。

それで人形があの娘ちょっと懲らしめようぜ、
ってなったのかなとw

その後、ワガママは徐々に直って行ったし、
妹も生まれてお姉さんらしくなった。

でもやっぱり人形は苦手だ。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.06.30|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます