FC2ブログ

幽霊だったり自然の力だったり - 超怖い話 実話

ピックアップ!

幽霊だったり自然の力だったり

IMG_3574.jpg

自殺の名所の滝があった



俺はある噂を聞いた



滝の裏側には大抵自殺体がぶら下がっているんだと



観光地側からは滝で見えないから放置で
定期的にクレーン車でどかすんだって


俺はどんなおぞましい光景なのか直接見たくなった



人目を避け夜中に滝の裏側が良く見えるであろう岩場に来てみた



ヌルヌルした苔がビッシリだ



俺はスリルを求めてライト片手に半身を乗り出し下を覗いた





【解説】



















『ヌルヌルした苔がビッシリだ』

『半身を乗り出し下を覗いた』



つまり、

『滝の裏側には大抵自殺体がぶら下がっている』理由は、

語り手のように

『どんなおぞましい光景』と気になり覗こうとして

その結果足が滑って落下し、

遺体となってしまう。



これが「自殺の名所」と噂されるようになり、

日々また別の人が覗き込んでは遺体となって発見される。



本当は「自殺の名所」ではなく、

その噂を聞いて覗き込んで落下してしまうという

事故死の多い場所ということになる。





しかし、気になるところは、

『滝の裏側には大抵自殺体がぶら下がっている』

という「ぶら下がっている」というところ。



足を滑らせて落下させただけであれば、

ぶら下がることはないはずである。



この「ぶら下がっている」というのは

ただの噂だということだろうか。



もしかしたら、誰かが意図的に

こうやって自殺者を量産しようと企み

こんなうわさを流した?



それとも、幽霊だったり自然の力だったり

何かしらの力が働いて、

足を滑らせて落下した人をぶら下げている?



もしくは、落下している最中に

ぶら下がる何かがあるのだろうか?





何はともあれ

いきすぎた好奇心は身を滅ぼす

ということか…。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.06.02|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます