FC2ブログ

もうちょっと遠慮するとかしてくれよ。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

もうちょっと遠慮するとかしてくれよ。

IMG_1997.jpg

俺は普通の文を違う読み方で読むのが好きで
何か文章があったら縦読みなど色々なことをし、違う文章にしている。



友達もそのことをしっていて色々言われるが俺は気にしない。



むしろその友達もおもしろがって
そういう読み方ができる手紙をだしてくる。



おや、今日も手紙が来たみたいだ。



「今日の手紙はいつものみたいのじゃなく真剣なやつだからな。
 おまえ絵美のことどう思ってる・・・いやちょっと今日の
 理科のときずいぶん親しげだったからさ。
 おまえ俺が絵美好きなの知ってるよな。
 それならさぁ、もうちょっと遠慮するとかしてくれよ。
 いいだろ、おまえ好きな子いるんだから。
 太郎に小学校のころ漏らしたことばらすぞ。いや、冗談だって。そういや明日は
 駅前に9時集合だったっけ。遅れるなよ。」



これは真剣な手紙か、いやそうじゃないはずだ。



んー、あっ!わかったそういうことか。



わかったぜ。まかしておけ。



俺はその友達を殺した。





【解説】



















手紙の行の最初の文字をローマ字読みし、

頭文字をつなげていくと



K:KYO

O:OMAE

R:RIKA

O:OMAE

S:SORENARA

I:IIDARO

T:TARO

E:EKIMAE



と、

「KOROSITE」

つまり、

「殺して」



となる。



友達が本当に真剣な手紙だったのか、

それとも本当に「殺して」というメッセージだったのか、

はたまた別のメッセージが隠されていたのか…



真実はわからないが、

「殺して」というメッセージを見て

当たり前のようにあっさりと友達を殺してしまう語り手が恐ろしい。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.06.22|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます