FC2ブログ

草履のやつは居なくなっていた。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

草履のやつは居なくなっていた。

IMG_1453.jpg


小学校の頃、
家族で山に行った時の話。

俺はふとしたことで山道から外れ、
迷子になってしまった。

山道に出ようとしたけれど、
行けども行けども同じような風景が続く。

そのうち足が動かなくなり、
眩暈を感じた。

俺はその場に崩れ落ち、
ずるずると倒れ込んでしまった。

何だか、
お腹と背中がくっつきそうという正にあんな感じで、
ひもじくて一歩も動けなかった。

やべー、どうしよう。と思ったけど、
その意識も朦朧としている。

そんな時、
ふと視界の隅に映るものがあった。

目だけは動いたから何とかそっちの方を見やると、
俺の足の方に誰かが立っていた。

親父かなと思ったけど、違った。

そいつは、
真っ黒でボロボロの草履を履いてたんだ。

地元の人かと思ったけど、
変なんだ。

そいつ、足が宙に浮いてるんだよ。

それに気付いた時、
爪先から頭の天辺にかけて、
ぶわーっと寒気が走った。

こいつはやばいと思って逃げようとしても、
身体が動かない。

そいつの手がぬっと伸びて来て、
俺の足をつかもうとしたその時、
ガサガサガサッと俺の頭の方から足音が聞こえてきた。

現れたのは、
でかい籠を背負ったお婆さんだった。

お婆さんは、持っていたおにぎりを、
徐に俺の口の中に突っ込んだ。

なにすんだ、このばあさん!と一瞬思ったけど、
口の中に広がった米と塩の味がすげぇうまいの。

さっきまでの空腹感なんて吹っ飛んで、
俺の身体は動くようになっていた。

飛び起きた俺は足元を見たが、
草履のやつは居なくなっていた。

お婆さんは

「もう少しでダルに引き摺られるところだった」

と言っていた。

その後、
お婆さんに連れられて山道に出たら、
両親と再会することができた。

あれから、
山には行っていない。

ダルとやらに引き摺られたらどうなってたんだろう。

お婆さんが来てくれなかったら、
俺、死んでたのかな。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.06.27|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます