FC2ブログ

腹に手を当ててジタバタしているのもいる。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

腹に手を当ててジタバタしているのもいる。

IMG_1449.jpg


長野の『百曲がり』と呼ばれる山に登った時。

登っている最中に何かに躓いてこけた。

つまづいた辺りを見ると、
小さな茶色い服を着たドワーフのようなものが3人。

うずくまったり、
腹に手を当ててジタバタしているのもいる。

先を歩いていた父と弟が戻ってきて起こしてくれた。

「どうしよう、ふんじゃったんかも」

弟に言うと、

「『コケター!』言うて爆笑してるで」

別の山(大分だったかな?)で、
叔母も見たそうです。

まだ雪の残るハイキングコースを歩いていると、
道端の雑木林に捨ててあるペットボトルが目に付いた。

ペットボトルの中に、茶色い服の小人。

外を見ながらワンワン泣いている。

出してやろうかと思って近づくと、

泣きながら高い声で

「ハヤクシロ!」

と言われた。

「腹が立ったからほったらかして帰った」

そうです。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.07.06|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます