FC2ブログ

何のために運んだかも分からない」 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

何のために運んだかも分からない」

IMG_1400.jpg


北八ヶ岳・天狗岳の東山麓にあるしらびそ小屋。

小屋の前にはみどり池、
見上げれば東天狗が立ちはだかる。

小屋主のオヤジさんの話には
不思議な出来事が色々あるという。

「小屋番を始めた頃は兄と一緒に仕事をしていてね、
その兄が亡くなった時、
餌付けをしていたリスが森から何匹も出てきて変な声で鳴くんだ、
それもその時一回きりだった。
まあ、可愛がってくれた人を偲んで鳴くこともあるだろう。
動物は人間より賢いからね」

そんなオヤジさんが、
どう考えても分からない事が一つある。

「大きな岩。
それまでなかったのに、急にそこにあるんだ。
テーブルのような岩で、人間が運ぶには無理な大岩。
ただ在るだけだけど、不思議でならないんだ」

小屋から中山峠に向け歩くこと1時間、
稲子岳に分かれる道に入ると、
その岩があった。

「去年までなかったんだ。
ある日、通ったらここにあるんだ。
誰かが悪戯したのかとも思ったけど、
何トンもあって無理だし、
何のために運んだかも分からない」

上から落ちてきたのだろうと、
尋ねる前に上を見た。

「周りの樹木は一本も倒れてないでしょ?
この岩はね、実はそこにあったんだ。」

オヤジさんは5m程先を指した。

見るとそこに、
岩と同じ大きさの穴がぽっかり開いている。

余程の事でもない限り、
岩が自分から飛び出す事は有り得ない。

「ここは天狗岳の麓だから、
天狗がテーブルにして宴会でもしたかもな」

オヤジさんは笑った後で岩に腰を架け、
首を傾げながら呟いた。

「やっぱり分けがわかんねえ…」

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.07.08|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます