FC2ブログ

ためらいもなく引き金に指をかけたそのとき、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

ためらいもなく引き金に指をかけたそのとき、

IMG_3467.jpg


知り合いの爺様から聞いた話。

その爺様は若い頃は、
山で猟師をやっていたそうな。

あるとき、
畑に悪さをする猿の群れを追い払うようにとの依頼をされて、
猿の群れに向かって撃ちまくったそうな。

爺様はとにかく一匹でも多く退治しようと、
山の中に入っていき、
そこで一匹の猿をみつけたので、
ためらいもなく引き金に指をかけたそのとき、
その猿が爺様のほうを見て、

『どうかお助けください』

とばかりに、
手と手を合わせて拝んだそうな。

よく見るとその猿は、
メスでお腹が大きかった。

まわりを見ると、
前年に生んだ子供なのだろうか、
若い猿が心配そうに見ている。

母猿はなおも必死で手を合わせて拝み、
涙まで浮かべていたそうな。

爺様はそのことがあってから、
猟師をやめた。

都会に出て工場で勤めながら、
趣味で仏像を彫っていたそうな。

そんな日々が続いたある日、
仕事に行こうと玄関から出たら、
アケビが山のように置いてあったそうな。

不思議に思って調べてみると、
猿の毛があちこちについていたらしい。

そんな不思議な話をしてるときの爺様は、
始終にこにこしていた。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.07.15|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます