FC2ブログ

そしたら、家から200mぐらい離れた山に墓があるのだが、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

そしたら、家から200mぐらい離れた山に墓があるのだが、

IMG_1942.jpg


俺の叔父が小学高学年の頃の話。

夜中の2時~3時で家族全員寝静まってる時に、
叔父がふうっと立ち上がって外に出ていく。

ある日それに気付いた叔父の父親が、
不審に思い後をつけていったそうな。

そしたら、家から200mぐらい離れた山に墓があるのだが、
叔父がその墓まで行って帰ってきて、
何事もなかったかのように布団に入って寝るところを目撃した。

父親は気味が悪くなって、
翌日に祈祷師を呼んで祈祷してもらったら、
そういう行動はしなくなったらしい。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.07.07|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます