FC2ブログ

母親は円形脱毛症になるくらいのストレスで、 ノイローゼ気味になったらしい。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

母親は円形脱毛症になるくらいのストレスで、 ノイローゼ気味になったらしい。

IMG_1902.jpg


俺の母親は、
父方の両親と仲がすごく悪かった。

俺はまだ小さかったし、
そんなことには気付かなかったが、
当時は嫌味やいやがらせが酷かったらしい。

そんな母の唯一の救いは自分の母親、
つまり俺の母方のばーちゃん。

どんな酷いことをされても、
ばーちゃんがいたことで母親は乗り越えられたと言っていた。

しかし日に日に嫌がらせはエスカレートし、
母親は円形脱毛症になるくらいのストレスで、
ノイローゼ気味になったらしい。

そんな日々が続いたある日、
俺の母親はある夢を見たらしい。

それは不思議かつすこし怖い夢だったらしい。

あくまで聞いた話だが。

夢の中で気が付くと、
前方にすでに他界している叔母(母親にとっての)の姿があった。

そしてその横には老婆の後姿がいて、
ぼやけてよく見えなかったが、
母親は直感的に、
自分の母親(つまり俺のばーちゃん)だと思ったらしい。

おばさんがばーちゃんを連れて行ってしまうと思った母親は、
今ばーちゃんまで失ったらもう生きていけないと思ったらしい。

そこでおばさんに

「おかあさん(ばーちゃん)を連れていっちゃうの?」

と聞いたらしい。

そうするとおばさんは

「それはお前が可哀相だからしないよ」

と言って、
その老婆を連れて行ってしまったらしい。

そこで目が覚めたが、
いったい何の夢だったか分からなかったらしい。

でも忙しい朝、
あまり気にせず朝の準備をしていた。

そこで電話が鳴ったらしい。

電話は父方からだった。

父方の祖母が倒れたらしい。

母親はそれを聞いて、
あの夢の意味を一瞬にして理解したらしい。

父方の祖母はなんとか一命を取り留めたが、
脳こうそくで今でも言語不自由で半身マヒが残っている。

それ以降、
父方の祖父も祖母の介護にかかりっぱなしになり、
母親に対する嫌がらせもなくなった。

というより母親は父方の祖父母には会いに行かなくなったし、
会いに行かなくても文句を言われにくくなった、
といった方が適切かも。

母親曰く、
きっと亡きおばさんが連れて行こうとしたのは、
父方の祖母だったんだろうとのこと。

おばさんは母親をよく可愛がってくれて、
きっと助けてくれようとしたんではないか、
と言っていた。

やっぱこういうことってあるんだな、
と思ったわ。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.07.26|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます