FC2ブログ

[超怖い話 実話] 霊が見えている女の子 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 霊が見えている女の子 短編

超怖い話 実話 短編


10月に入って、肌寒くなって来た今日の朝。

会社へ行く途中に信号待ちをしていると、横断歩道を挟んだ前方に、赤ちゃんを抱いているお母さんと

まだ4歳くらいの女の子が信号待ちをしていました。

赤信号を待っている間、女の子は私の方をじっと見ている。

その女の子は、私の方を指差して母親に何か言っている様子でした。

子供を抱いた母親は、ちらっと私の方を見て、すぐに目をそらして、女の子に何か言っている感じでした。


IMG_2121.jpg

でも女の子は、私の方がなんだか気になるらしく、チラチラと私を見ている。

信号が赤から青に変わり、横断歩道を渡っていると、女の子の親子とすれ違いになった時に

女の子は私の方をまだ、じっと見ていました。

私とすれ違った後に、女の子は母親に

『 ママ〜なんで あのおねえちゃん 


  おばあちゃんをおんぶしているの??? 』



思わず、後ろを振り向いて女の子を見ましたが、母親は

「 いいから、シッ だよ・・・」

って、歩いていってしまいました。

私には見えないのに、子供には何かが見える様で・・・・背筋がぞっとしました。


超怖い話 ランキング ★★★★☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.30|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます