FC2ブログ

やっぱり例の読んでる途中の金縛りにもあってた。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

やっぱり例の読んでる途中の金縛りにもあってた。

IMG_1779.jpg


実体験投下します

主な登場人物
俺、ABC

俺は中学生2年生の頃
同じクラスになった俺を合わせて
4人でいつもつるんでいた

4人の共通の趣味は本好き

いつも部活が休みになる日曜日には
4人のうちの誰かの家に行って本を読むことが習慣になった

その中でも特に本が充実していたのはCの家

Cは母子家庭だったが
なぜか本はたくさん持っていて
部屋の天井まで届くほどの本棚を埋める勢いで
毎週本が増えていってた

2番目に充実しているBもCには敵わなくて、
そのうちみんなCの家に集まるようになった

C曰く

「叔父さんが本好きの金持ちで本を譲ってくれる」んで
本がたくさんあるってことだった

最初は俺ら3人もその言葉を信じていたんだけど、
だんだんCの本を集めるペースが尋常じゃないというのが
3人の共通認識になってく

最初の内は1週間に3冊程度のペースだったけど、
エスカレートするようになると
俺らが欲しいといった本が
翌週行ったときにはもうあるなんてことも

どんだけCの叔父さん羽振りがいいんだよ

それでだんだん俺達の中ではCが万引き、
もしくはそれに相当する悪い事をしているんじゃないか
と疑うようになるんだ

それは家に来てくれなくなったBが
嫉妬のあまり発したのが発端だったけど、
でもAが試しに欲しいといった文庫本15巻セットがあったときに
俺達はCが万引きをしていると確信した

それで次の週約束の13時より早く行ってCを動揺させ
ボロを出させる作戦に出た

予定通り9時に

「やることないからさあ居させてよ。
昼飯おごるから」

って頼み込んでCの家に上がった

Cの部屋に入った俺達は早速散策開始。

前の週と比べて15冊ほど増えていた本の中に
『あるブツ』が入っていないか徹底的に探し出した

Cが丁度お茶を持って部屋に入って来たと同時に
Aが発見

「おい。これ、なんだよ」

AがCに語りかけた。

あるブツというのは
本の間に挟まっているフリップ。

小さい栞みたいなヤツね。

普通本屋で買ったときには
店員さんが抜くんだけど。

案の定Cは突然の俺達の来訪に慌てて
15冊のうち1冊だけフリップを抜き忘れていた

動揺するC。

この時点でこいつが万引きをしていたことは目に見えて分かったが、
往生際の悪いCは逃げ隠そうとする

本屋が抜き忘れていたの一点張りで
中々己の罪を認めない。

でもBがそこに止めを刺すものを見つけた。

「お前、これでもまだしらを切るつもり?」

Bが見つけたのはゴミ箱にあった、
大量のフリップ。

もうCは逃げられなくなった。

追い詰められたCは

「お前らがたくさんリクエストするから悪いんだろうが!!
ごはjんbsh」

と言葉にならない逆切れ。

あきれ返った俺達は
第2段階の警察に通報することも面倒になって
(後々知ったが万引きは現行犯じゃないと逮捕が難しいらしい)
Cの家から退散した

結局Cとは縁を切り
3人で中学卒業まで過ごした

その後頭の良かったBは進学校、
まあまあだった俺とCは中堅校、
バカだったAは工業高校にそれぞれ進学した

そんで高校時代に話は飛ぶけど
高校時代にうちの近所の書店が閉店した

そこは俺が小さい頃からお世話になっていた書店で、
おじさんが一人で切り盛りしていた

そのおじさんがまたいい人で
新刊を内緒で値引きしてくれたり、
処分する本を譲ってくれたりしてくれてた

そのおじさんが死んだのが閉店の理由。

すごくショックだったし、
なによりおじさんにもう会えないのが悲しかった

しかもやりきれないのが
おじさんは自殺だったこと。

遺書は見つからなかったけど
おそらく万引きの被害も原因の1つだろうってことになった

おじさんはかなりいい人だったから
万引きを見つけても買い取りだけで済ますこともあったし、
警察や学校にも連絡しなかったと言っていた

これは万引き対策としては最悪なんだ。

逃げた奴らに

「あの店は警察に連絡しない最高の店」

って噂を広げられてどんどん万引きが増えていく

おじさんの悲劇は地元新聞で特集を組まれた。

万引き被害で店をたたむ本屋って
みんなが考えている以上に多いのよ、コレ。

同じ頃もう一つの事件があった。

Cが万引きで捕まって
高校から停学処分を受けた。

万引きしたのは本じゃなくてゲームだった。

しかも5人ほどのグループで。

懲りずにまだやってたのかよ・・・
って俺はあきれ返った。

その後万引きの噂が広まったので
Cは学校に来なくなるんだけど、
俺は一つの疑念を抱くようになる

普通フリップって
仕入れた本屋の名前が書いてあるんだけど、
中学時代Cの家で発見したフリップに
例のおじさんの店が書いてあったと思うようになる

偶々再開したBと話してもやっぱりそうだった。

Cはおじさんの店から日常的に万引きしていた。

これは疑念から確信に変わった。

Cの家に押しかけてリンチしてやろうかと思ったけど、
よく考えれば証拠がないから
下手したら俺が逮捕されるかも知れない

結局俺は襲撃をあきらめた

その後東京の大学に進学した俺は
成人式のために久々に帰郷した

そこで地元に残って働いていたAから
Cが死んだとの報告を受けた

Cは高校を辞めた後自宅に引きこもっていたが、
ある時自宅で本棚の下敷きになって死んでしまったらしい

「本棚の下敷きって、
こっちで強い地震でもあったのかよ」

「ねえよ。
そこが不思議な点で警察も困惑していたけど
結局Cが本棚を動かそうと留め金を外したら
何かの衝撃で本棚が倒れてきたってことになってた」

「あんな大きな本棚を?」

「誰も納得してないけど
警察もニートの不審死に時間を掛けられるほど暇じゃないからな。
それに他殺を匂わせる証拠は何も見つからなかったらしい」

「へえ」

「だけど俺はこう思ってるんだ。
Cは怨念によって殺されたんじゃないかって」

「怨念?」

「あいつの本、万引きしたものばっかだっただろ?
だからあいつのせいで店をたたんで死んでしまった人の亡霊。
おまえの近所の書店のおじさんみたいなひとだ」

「やめてくれよ。冗談だろ」

「まあでも亡霊によって殺されたと信じたくなるくらい、
不審点の多い死に方なんだよなあ」

とまあこんな会話を交わした。

Cが死んだことについて特別な感情は湧き上がってこなかったが、
Aがいう亡霊云々の話が妙に気になった

で実家に戻っていろいろものを整理してたが、
そこであるものを見つける

中学時代にCから借りた本だった

結局Cと疎遠になってから急に読みがたい本になって、
返せずにいたが
久々にパラパラめくってるとなかなかおもしろい

パラパラと読み進めていく。

だけど急に体が重くなった。

心臓の動機が激しくなる。

おかしかった。

本の内容は寒気のするようなホラーじゃなく、
むしろ感動系。

でも寒気が酷い。

なぜか本を読み終える気にはならなかった。

いや読み終わらせてもらえなかった。

いろんな意味での金縛りだ。

2時間くらいに顔を真っ青にしながら、
読み終えたら急にその呪縛から解放された。

急いでその本を窓から投げ捨てたけど、
次の日起きてみたら枕元にあった。

まあこんなことがあって
AとBに相談したらビンゴ。

二人とも同じような体験をしてた

Bは借りた本の1ページ目が真っ黒だったらしい。

そのページを見せてもらったが
なんかこう引き込まれるような真っ黒。

印刷で出せる色じゃない

落丁かと思ったけど、年月も経ってるから
編集部に相談してもわからないの一点張りだったらしい

でやっぱり例の読んでる途中の金縛りにもあってた。

一番悲惨だったのはA。

こいつは元からホラー好きで
読んだ本も「リング」の小説版。

読んでる途中に金縛りにはあうわ、
劇中で貞子は出てくるはで
もういっそ死なせてくれと叫んだらしい

まあなにより怖かったのは
ほとんど同じ日に3人がCから借りた本を見つけたこと

なにかに引き寄せられたみたいにな

それでAの提案でこの本をお払いして
焼いてもらうことにした

近くの神社で事情を話し
神主さんにお払いしてもらった

そこの住職さんはお払いに関しては経験が浅いらしく
憑いているのが例のおじさんかどうかまでは見抜けなかった

その後俺達はCの家に行くことにした

神主さんにCのことを話すと
なるべく手遅れにならないうちに
Cの身内を連れてきたほうがいいと言われたからだ。

手遅れの場合は
もっと経験のある偉い神主さんを呼んできてくれるらしい

それでCの母を連れて行こうと
唯一Cの葬式に行ったAの案内でC宅へ行った

お母さんが出迎えてくれて
お参りさせてもらった。

お母さんは
俺達とCが喧嘩別れしたことを知らないようだった

Cが集めていた本の事を聞くと
すんなりと答えてくれた。

何冊かはとってあるが
残りの殆どはブ○クオフに買い取ってもらったらしい

穏やかに時が過ぎて、
いざお払いの話を切り出すと
お母さんの顔つきが変わった

お払いに行くよう説得するも
行かないの一点張り。

息子がそんなことが原因で死んだとは認めたくない

そういうことだった

結局お払いには行かすことができずに
Cの家をした。

でも中学校の時に見た
どちらかといえば太り気味なCのお母さんが
見る影も無くやせ細ってるのをみると、
もちろん息子が死んだことも原因だろうが、
既に手遅れの状態であることを
Cのお母さんは悟っているんじゃないか
と俺達3人は考えてしまった

その後
特に本を読むときに例の現象はおきていない

その道に進んだBが言うには
あれは一種の集団催眠のようなものではないかと

ただ最近帰省して
近くのブ○クオフに行く機会があったんだが、
そこで並ならぬオーラ、
霊感が殆ど無い俺でも
触ってはいけないと思わせる古本があった。

あれは絶対にCが万引きし、
死後売り払われた本の一つだと確信した。

おそらくあのブ○クオフでも
なにかよからぬ現象が起こっているだろう。

今度時間があるときに調べてみたいものだ

この中に万引きしたことのある経験がある奴。

万引きしたものはなるべく捨てたほうがいいぞ。

できるだけお払いしてな

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.07.03|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます