FC2ブログ

一人の大怪我した男の人を見つけたんだって - 超怖い話 実話

ピックアップ!

一人の大怪我した男の人を見つけたんだって

IMG_3496.jpg


俺のばあちゃんの話

ばあちゃんは不思議な人で、
昔から俺だけに

「おばあちゃんは、
幽霊が見えるとよ、
誰にも言っちゃいかんけんね」

って言っていた。

実際に俺が霊体験をしたわけではないが
婆ちゃんの話は印象に残っている。

婆ちゃんが幽霊が見えるようになったのは
結構大人になってからで、
15歳のときだったらしい。

婆ちゃんは、
もともと福岡にすんでいて、
福岡大空襲のあとに見えるようになったって言っていた

空襲が終わった後、
まわりは一面の焼け野原

婆ちゃんの両親も亡くなって、
これからどうしようと途方にくれていたとき
一人の大怪我した男の人を見つけたんだって

急いで近づいたけども、
どう考えても生きられるような傷じゃなかった

両腕は吹っ飛んで脳みそははみ出てるのに

「痛い、痛いー、おとうさーん、お母さーん」

ってずっと泣き叫んでるんだと

婆ちゃんは体をつかもうとするが
なぜかつかめない

話しかけても反応しない

そのうち婆ちゃんも怖くなって
走って逃げたらしい

その日から婆ちゃんは
幽霊が見え始めたって言ってた。

外を見れば体中から血を噴出して叫んで、
のた打ち回ってる人や
焼け爛れた体でひたすら助けを求める人、
頭が無いのに動いてる人

最初は地獄だったって言ってた

空襲が終わった後、
どうにか親戚に身を寄せることが決まっても
幽霊は見え続けんたんだと

でもそれは絶対言えなかった

幽霊が見えるなんて言ったら
速攻でキチガイ扱いされるような時代だったらしい

でも婆ちゃんもなかなか強い女で
段々幽霊も見慣れてきたらしい

足が無かろうが、
頭が吹っ飛んでようが
あんまり怖くなくなったんだと

婆ちゃんいわく幽霊ってのは
知らん振りすればあんまり関わってこないらしい

下手に近づくほうが危ないんだと

初めて見た頭が吹っ飛んでる人にも
相当長い間付きまとわれたらしい

そんなある日、
大分町並みもまともになってきたころ、
婆ちゃんは一人の知り合いの男の子を見つけたんだって

その子は近所に住んでた子よく遊んであげた子

でも本当は死んでるはずの男の子だった

両腕がなくなってて
痛々しい姿で婆ちゃんを見ると

「お姉ちゃーん!!」

大きい声で叫んだ後にっこり笑って、
よんでたらしい

でも幽霊の怖さを知り始めた婆ちゃんは
知らん振りし続けたんだと

それからそこを通るたび
絶対返事をしない婆ちゃんにむかって

「お姉ちゃーん」

って叫び続けたって

「幽霊が見えるようになって随分たつけど、
あの子はまだあそこにいるんだろうね」

って婆ちゃんはさびしそうに俺に言った

落ちはない婆ちゃんの話

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.07.22|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます