FC2ブログ

死体の崩れに違和感を感じながらそれを通り過ぎたんだけど、 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

死体の崩れに違和感を感じながらそれを通り過ぎたんだけど、

IMG_1889.jpg


けっこう前の話。

沢を釣り上がってると、
上流からかすかな腐臭が。

コレはなんか死んでんなと思いながら遡上すると、
案の定、淀みに浮くイノシシがあって酷く臭い。

死体の崩れに違和感を感じながらそれを通り過ぎたんだけど、
後ろから名前を呼ばれたんだよ。

「何?」

と何気なく返事をしてしまい、
しまった!と、もの凄い悪寒がしたんだが、
直後に足首になにかが絡みついた。

もうガックガクですよw

多分酷い顔だったと思うんだけど、
なるべく後ろを見ないようにして絡みついたのを振り切って、
なんとか帰ったのね。

もう慌てて車飛ばして家に帰ったあと、
足首を見たのよ。

左足になんか縄みたいもので強く締め付けたような跡がある。

しばらくガクブルで、
その日は眠れない夜を過ごしたけど特に何にもなかった。

ところがこの跡、なんか治らないの。

で、一週間過ぎたころ、
異変が起きた。

家を出ようとしたとき、
また名前を呼ばれたんだよ。

「なにー?」

と返事をして鳥肌が立った。

これはいかん。と、
ダメもとでじいちゃんに相談してみたの。

そしたら、
じいちゃんは船でしかいけないxx島に渡って、
縁が切れるまでそこに居ろって言うのよ。

なんでも、
物の怪のたぐいは海を渡れないとか。

まあそれで、
渡ってしばらくは腐臭とか、
黒い影が

「(僕の名前)が居ない…」

と言いながら探し回ってる夢とかに悩まされましたが、
足の傷跡?が消えたらそれも無くなりました。

よかったよかったという怖い話ですた。

島は無人島じゃなくちゃんと生活できる島です。

じいちゃんの従兄弟殿がクルーザー持ってて、
しばらく海釣り三昧でした。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.08.09|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます