FC2ブログ

おっさんとかは家族ではないかと言っていた。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

おっさんとかは家族ではないかと言っていた。

IMG_1648.jpg


5~6年前、
友人が社宅に居たときの話。

友人は結構見える質で、
そこでも夜な夜な白い服を着たおっさん、お姉さん、子供などが来ていて、
金縛りも頻繁にあったそうだ。

彼女(今は奥さん)もたびたび泊まりにきていたそうで、
泊まると彼女の場合は夢に出てくる。
(実際は夢か現実か分からなかったらしいが)

しばらくして京都に遊びにいく機会があり、
安倍清明(友人は清明好き)の神社で気休めにお札を買ってきた。

帰って部屋の入り口の上の壁に貼り付けたら、
金縛りやなにやらがピタッと収まったそうだ。

ちなみに奥さんの話では、
おっさんとかは家族ではないかと言っていた。

すごくお腹を空かせていたらしいとも言っていた。

そんな平穏な日々を過ごしていたある日、
夜中に目が覚めた。

何となくお札の方に目をやると、
お札と入り口の隙間から女の人の肘から先がニュッと出てきた。

ぼけっと見ていたら・・・
お札をはがそうと腕を動かしているではないか。
(かかってこいみたいな腕の動かし方。伝わるかな?)

びびって見ないふりしたそのまま寝たらしいw

その後は何もなく過ごし、
1年たたないうちに別の社宅に移ったそうだ。

移った先でも色々あったみたいだけど・・・。

お札を貼ったまま出てったのだが、
そのままにしとくのもと・・・思い、
後日、昼(恐いので)に回収したそうだ。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2019.08.10|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます